ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > TCR EU第2戦:プジョー308が快心のワン・ツー。実力者ファイルズは選手権首位に

TCR EU第2戦:プジョー308が快心のワン・ツー。実力者ファイルズは選手権首位に

0

2019年05月30日 11:01  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真レース2は開幕勝者のジュリアン・ブリシュ(プジョー308 TCR)が今季2勝目を挙げ、2位に入ったオーレリアン・コンテ(プジョー308 TCR)とともにプジョーがワン・ツーに
レース2は開幕勝者のジュリアン・ブリシュ(プジョー308 TCR)が今季2勝目を挙げ、2位に入ったオーレリアン・コンテ(プジョー308 TCR)とともにプジョーがワン・ツーに
 5月25〜26日の週末にドイツ・ホッケンハイムで開催された2019年TCRヨーロッパ・シリーズの第2戦は、レース1でポール・トゥ・ウインを飾ったジョシュ・ファイルズ(ヒュンダイi30 N TCR)が選手権首位に浮上。レース2は開幕勝者のジュリアン・ブリシュ(プジョー308 TCR)が今季2勝目を挙げ、2位に入ったオーレリアン・コンテ(プジョー308 TCR)とともにプジョーがワン・ツーを決めている。

 このシリーズに5台のマシンを投入する強豪ターゲット・コンペティションは、かつてTCRドイツ・シリーズでともに連覇を飾ったファイルズをふたたび呼び戻し、最速モデルのひとつであるヒュンダイi30 N TCRを走らせている。

 しかしチャンピオンシップ第2戦となったドイツ・ラウンドでは、練習走行からセダンボディの空力特性を活かしたアウディRS3 LMS勢が速さをみせ、チームWRTのサンティアゴ・ウルティアがFP1、FP2と連続で最速を記録する。

 迎えた予選でも、その時点で選手権首位に立っていたComtoyou Racingのジル・マグナス(アウディRS3 LMS)が最前列を確保するかと思われたが、Q2終盤にターン13でわずかにミスを犯して2番手タイムに終わり、ファイルズが0.010秒差で今季初ポールを奪取。

 セカンドロウには今季M1RAからフル参戦のルカ・エングストラー(ヒュンダイi30 N TCR)が続き、マシンを分けるチームWRTのもう1台、マキシム・ポティ(フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR)のトップ4グリッドとなった。

 そのまま土曜午後にスタートを迎えたレース1は、ポールシッターのファイルズが好スタートを切ったのと対照的に2番手マグナスが失速。彼のアウディはエングストラー、ポティの背後4番手にまでドロップしてしまう。

 さらに後方では、開幕戦ハンガリーのレース2で勝利を挙げているブリシュのプジョーがジャンプアップを見せ、10番グリッドからオープニングラップのコントロールライン通過時点で5番手にまで躍進。

 同じくプジョーに乗るライバル、6番グリッドのコンテも2周目にマグナスのアウディを仕留め、JSBコンペティション、DGスポーツ・コンペティション2台のプジョーが力強いレース運びをみせる。

 するとターン2出口でそのコンテのインを伺った今季初参戦の初代TCR UK王者ダン・ロイド(FK8ホンダ・シビック・タイプR TCR)がバトルから接触、ロイドはマシンダメージによりこのレース最初のリタイアとなってしまう。

 さらに同じ周の後方でもウエストコースト・レーシングのジャンニ・モルビデリ(フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR)とターゲット・コンペティションのマット・オモラ(ヒュンダイi30 N TCR)が接触、そのオモラと前のラップで接触していたシリーズ復帰組のスティアン・ポウルセン(セアト・クプラTCR)もマシンを止め、5周目には同じくターゲットのドゥサン・ボルコビッチ(ヒュンダイi30 N TCR)とのバトルで弾かれたルカ・フィリピ(ヒュンダイi30 N TCR)がスピンを喫するなど、各所で肉弾戦が多発する展開となっていく。

 すると8周目にはオモラがザックス・カーブでスピンオフし、グラベルにスタックしたためセーフティカー(SC)が出動。首位ファイルズのリードも消滅し、さらにバトルが激化する状況となる。

 しかし10周目のリスタートをうまく切り抜けたファイルズはポジションをキープし、エングストラーに対し2.5秒のギャップを築いて12周にチェッカー。選手権首位を固める今季初勝利を飾った。

 続く日曜11時35分にスタートを迎えたレース2は、予選トップ10のリバースグリッドとなり、ブリシュのプジョー、そしてバックマン兄妹のシリーズ紅一点、ジェシカ・バックマン(ヒュンダイi30 N TCR)がフロントロウから発進。

 すると5番グリッドのコンテが1コーナーで3番手にまで上がり、続くヘアピンでジェシカのヒュンダイを仕留めてすぐさま2番手に浮上し、早くもプジョー308のワン・ツー・フォーメーションが完成する。

 直後に発生したポウルセンとボルコビッチのクラッシュで連日のSC出動となるも、4周目のリスタート以降はトップ3に変動なく、JSBコンペティション、DGスポーツ・コンペティションのプジョー艦隊が13周目のフィニッシュラインをくぐってワン・ツー・フィニッシュ。3位にはシリーズ初表彰台のジェシカ・バックマンが入り、その背後4位には彼女の兄であるアンドレアス・バックマン(ヒュンダイi30 N TCR)が続いている。

 これで週末の2ヒートを経てファイルズが112ポイントでランキング首位。5ポイント差でプジョーのブリシュが追う展開となっている。

 本格的チャンピオンシップとして2シーズン目を迎えたTCRヨーロッパ・シリーズ。続く第3戦は6月8〜9日にベルギー、スパ・フランコルシャンを舞台に争われる。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定