ホーム > mixiニュース > エンタメ > 音楽 > TENDRE、フジロックで強烈だった思い出「その場から動けなくなった」

TENDRE、フジロックで強烈だった思い出「その場から動けなくなった」

0

2019年05月30日 11:10  J-WAVE NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

J-WAVE NEWS

写真写真
J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』(ナビゲーター:サッシャ・増井なぎさ)のワンコーナー「MUSIC+1」。5月28日(火)のオンエアでは、TENDREが登場。話題の新曲『SIGN』や、今年も出演する「FUJI ROCK FESTIVAL '19」について訊きました。


■いい兆しが見えてきて

TENDREは、ampelのヴォーカル・ベーシスト河原太朗さんのソロプロジェクトです。新曲『SIGN』は、J-WAVEの番組『SONAR MUSIC』がオススメする「SONAR TRAX」に選ばれるなど、現在話題の楽曲。タイトルどおり「いい兆しが見えてきたことから、この曲を作ろうと思った」と明かす河原さんに、その反響を訊きました。

河原:身内、友だち含め色々なところから「ラジオでめちゃくちゃ聴く」と言われて。「J-WAVEですごい流れてるよ」と。

ソロとバンドの両方で活躍する河原さん。すみ分けはどのようにしているのでしょうか。

河原:今はすごく整ってきたというか、もともとバンドマンではあったので、ソロという形をとったときにフットワークが軽くなりました。その分自分で担わないといけないから責任感とか、レコーディングもひとりでやったりするので疲れはあったりするんですが。レコーディングは休憩時間ほぼないです(笑)。
サッシャ:自分でやらない楽器はあるんですか?
河原:ドラムは叩いているとちょっと恥ずかしくなっちゃうんで(笑)。何回か試みたんですけど、叩いてる自分を想像すると嫌だなと。なのでドラムは打ち込みで持っていきます。
サッシャ:新しい楽器を導入してみようと思ったら、練習するんですか?
河原:練習します。『SIGN』という曲は、どうしてもハープを入れたいということで、ハープ奏者でたまたまつながった人がいたので呼ぼうと。ちょっとずつ色々な人も巻き込める形を今年は作っていこうかなと思います。
サッシャ:では『SIGN』で唯一やってないのはハープだけ?
河原:そうです。でもハープも練習しようと思いました。

もともと『SIGN』は春をイメージして、去年の冬くらいから作りはじめた曲だったそうです。

河原:「春をイメージした曲を作ろう」とざっくり思っていたんですけど、そこから自分の気持ちや状況を見ていて活動が楽しくなってきたなと。それこそいい兆しが見えてきたからこそ、そういう歌詞もスルスルと出てきました。だからリアルではあるんですけど、あまり説明し過ぎない「気持ちいい風が吹いているね」とひとこと言ってるくらいの心持ちの曲を作りたいなと思って。
サッシャ:ミュージックビデオも印象的で、ダンサーさんも気になりました。
河原:福岡のダンサーで、yurinasiaさんという方がいて、これもたまたまインスタグラムでつながったんです。僕がたまたま動画をみてかっこいいなと思ってたら、その直後に僕の別の曲でyurinasiaさんが踊ってくれてる動画をあげていて。メッセージを送ってやりとりをして、1ヶ月後にはMVの撮影を一緒にするみたいなタイムリーな出会いでした。

番組では『SIGN』をオンエアしました。


■フジロックの思い出

トーク後半はTENDREも出演する「FUJI ROCK FESTIVAL '19」ついて語りました。これまでオーディエンスとしても参加したことがあるそうです。

河原:山ですから気候も変わりますし、すごい大変なときもあるんですけど、それを乗り越えて音楽をいかに楽しめるかというのが醍醐味かなと思い、毎年楽しみで行ってましたね。

河原さんが印象に残っているフジロックのライブは2011年、COLDPLAYを見るつもりで通りかかったWHITE STAGEで行われていたブラジルのCSSのパフォーマンスです。

河原:気になったから「観よう」と思って行ったら土砂降りになって。その土砂降りとライブの熱いエモさが相まって、そこから動けなくなったのが印象に残っています。移動中たまたま観て釘付けになる……そういうところも(フジロックは)いいんだろうなと思います。

アクトとしては2015年、ampelとして新人アーティストの登竜門ステージ「ROOKIE A GO-GO」に、そして昨年、TENDREとして「GYPSY AVALON」に出演しました。

河原:(GYPSY AVALONのステージは)落ち着いた印象もあるんですけど、僕は夕方から夜にかけての演奏だったんで、演れば演るほど熱量が上がっていって。お客さんも増えて、最後のほうは勝手にジャンプする人や踊り狂う人がいて、AVALONは面白いステージですね。
サッシャ:今年に関しては?
河原:今年は去年のそれを超えていきたい。去年ははじめてだったので青臭い部分もあったと思うんですけど、そこを超えてクールになれてきている部分もあるので、よりちゃんと感情を共有できるステージを作りたいと思います。

TENDREの音楽、ぜひチェックしてみてください。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『STEP ONE』
放送日時:月・火・水・木曜 9時-13時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/stepone

    あなたにおすすめ

    ニュース設定