ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > ペレス、モナコのシケインカットに苦言「スピードを落とせるようにランオフエリアを改良すべき」

ペレス、モナコのシケインカットに苦言「スピードを落とせるようにランオフエリアを改良すべき」

0

2019年05月30日 13:11  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2019年F1第6戦モナコGP ケビン・マグヌッセン(ハース)
2019年F1第6戦モナコGP ケビン・マグヌッセン(ハース)
 レーシングポイントのセルジオ・ペレスは、F1はモナコのシケインのランオフエリアを改良することを検討するべきだと考えており、現状ではドライバーがシケインをカットしてもタイムを失うことはないと主張している。

 ハースのケビン・マグヌッセンは、ペレスとのバトル中にシケインをカットしてアドバンテージを得たとして、レース後に5秒のタイムペナルティを科された。またペレスのチームメイトであるランス・ストロールも、同じペナルティを受けた。

 しかしながら、とっさにシケインエリアをまっすぐに走るドライバーが不利にならないことをペレスは嘆いており、ランオフエリアはマシンのスピードや軌道を大きく妨害するものに変えるべきだと提案している。

「とてもがっかりさせられる。モナコでは一度オーバーテイクを仕掛けると、前のマシンはシケインをカットしてしまう。そのドライバーは後ろに僕がいることに気づいているんだ。そしてチャンスはもう訪れることがない」とペレスは語った。

「間違いなくこのことについて話し合いをするべきだ。前を走るマシンへの公平を期すためにスペースを空けるが、そうすると行き場がなくなってしまう」

「シケインをカットするドライバーがタイムを失うように、小さなシケインを作るべきだと思う」

「今後数レースの間に、このことについて見直しをする必要がある」

 モナコGPで優勝したメルセデスのルイス・ハミルトンも、決勝レースの終盤にシケインをカットしていた。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンと軽く接触したためだが、スチュワードは公正を期していかなる対処も行わなかった。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定