ホーム > mixiニュース > エンタメ > 音楽 > 藤原竜也が玉城ティナの顔を便器に押し付け「舐めろ」 『Diner ダイナー』キャラクター映像公開

藤原竜也が玉城ティナの顔を便器に押し付け「舐めろ」 『Diner ダイナー』キャラクター映像公開

0

2019年05月30日 17:01  リアルサウンド

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真写真

 『さくらん』の蜷川実花監督が手がけた7月5日公開の映画『Diner ダイナー』より、藤原竜也演じるボンベロのキャラクター映像が公開された。


参考:窪田正孝の“叫び”は、藤原竜也を超える? 『東京喰種』カネキ役で見せた怪演


 本作は、平山夢明の小説『ダイナー』を、藤原主演、蜷川監督のタッグで実写映画化したサスペンス。命がゴミのように扱われる、殺し屋専用のダイナー(食堂)を舞台に、店主である元殺し屋で天才シェフのボンベロや、ウェイトレスとしてボンベロに買われてしまったオオバカナコ、そして次々と店にやってくる殺し屋たちの新たな殺し合いを描く。


 主人公のボンベロを藤原が演じるほか、物語の鍵を握るダイナーに売られた少女・オオバカナコを玉城ティナが演じる。さらに、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、斎藤工、佐藤江梨子、金子ノブアキ、小栗旬、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二らが、“殺し屋”役で共演する。


 これまでに藤原は、様々な個性的なキャラクターを演じてきた。しかし本作では、さらにぶっ飛んだ世界の中で、全てを支配する狂気の天才シェフ“ボンベロ”を演じている。公開された映像では、「お前はここから出られない」「365日24時間休みなしで働けるか?」「俺のルールを守れるか?」と次々に冷酷無情なセリフを吐き捨てていくさまや、玉城演じるオオバカナコの顔を便器に押し付け、「舐めろ」と強制する姿、怯えるカナコの顔スレスレに包丁を突き刺すボンベロの姿が映し出されている。(リアルサウンド編集部)


    あなたにおすすめ

    ニュース設定