ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > フェラーリ初のPHEVモデル『SF90ストラダーレ』発表。3モーターハイブリッドで最高1000馬力に

フェラーリ初のPHEVモデル『SF90ストラダーレ』発表。3モーターハイブリッドで最高1000馬力に

1

2019年05月31日 12:51  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真フェラーリSF90ストラダーレ
フェラーリSF90ストラダーレ
 2019年5月29日、フェラーリはブランド初のPHEVモデル『SF90ストラダーレ』を発表した。2019年シーズンを戦うF1マシンと同じ名称が与えられたこの新型は、ハイブリッド・パワートレインを採用するフェラーリ初の量産車となる。
 
 SF90ストラダーレに搭載されるV8ターボエンジンの排気量は3990cc。最高出力780ps/7500rpm、最大トルクは800Nm/6000rpmを発揮する。これに組み合わされるハイブリッドシステムは3基の電気モーターで、合計220psを生み出しエンジンと合わせた最大出力は1000馬力を誇る。トランスミッションは8速DCTが採用された。
 
 また、SF90ストラダーレはフェラーリのスポーツカーとして初めて4WDを搭載。これにより、0-100km/h加速2.6秒、0-200km/h加速6.7秒を実現している。

■『手はステアリングホイールに』思想から生まれたインターフェイスを採用。インテリアは従来までとは一線を画した設計に

 SF90ストラダーレのボディサイズは全長4710mm、全幅1972mm、全高1186mmだ。乾燥重量は1570kgを実現している。エクステリアのデザインも革新的なもので、近年のフェラーリ・スーパーカーからインスピレーションを得て、コクピットはドラッグ低減を図るため、前面投影面積が小さくなり、位置が車体前方に移動している。

 エクステリア以上に、大きな進化を遂げたのが、インテリアの設計だ。インパネからはスイッチ類の数が大幅に削減されるなど、従来までのモデルと一線を画したものに。

 レーシングから生まれた『目は路上、手はステアリングホイール』という思想から生まれたヒューマン・マシン・インターフェイスは、すべてのフェラーリ車両に採用されており、このSF90ストラダーレでも、ステイアリングホイールにタッチパッドとハプティック・ボタンを配することによって、ドライバーは親指だけでクルマのさまざまな機能をコントロールすることができる。

 また、メーターパネルには16インチのフルデジタル・ディスプレイを採用。このディスプレイはドライバーに向かって湾曲しているため、視認性が大きく向上している。さらに、ヘッドアップ・ディスプレイの機能も大きく前進した。あらゆるデータがフロントガラスに映し出されるため、これまで以上に運転に集中できる環境が整っている。
 
 グレードは標準仕様とスポーツ指向仕様のふたつ。Assetto Fiorano仕様にはマルチマチック・ショックアブソーバー、カーボンファイバーなど高性能素材を採用した超軽量コンポーネントが含ま、標準モデルから30kgの軽量化を達成している。タイヤは専用に開発されたミシュラン・パイロット・スポーツ・カップ2が装着される。

このニュースに関するつぶやき

  • 久しぶりに綺麗なデザインのフェラーリ(^_^;)
    • イイネ!10
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定