ホーム > mixiニュース > エンタメ > 音楽 > Zeebraが、ニチレイ“本格炒め炒飯(R)”を全力でリスペクト! “ジューハチネン、レンゾク、スティルナンバーワン”

Zeebraが、ニチレイ“本格炒め炒飯(R)”を全力でリスペクト! “ジューハチネン、レンゾク、スティルナンバーワン”

0

2019年05月31日 15:50  M-ON! MUSIC

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

M-ON! MUSIC

写真掲載:M-ON! MUSIC NEWS
掲載:M-ON! MUSIC NEWS
■企画を聞いた際のZeebraの反応は「チャーハン!? マジ??」

【動画】ニチレイ“本格炒め炒飯(R)”WEBCM「Still No.1」篇

ニチレイフーズのニチレイ“本格炒め炒飯(R)”の新作WEBCM『Still No.1』篇が公開された。
公開となったWEB CMは、ニコニコ動画「踊ってみた」で人気の「踊り手」である“みうめ”と仮面ライアー217を起用して一昨年に制作され、好評を博したCMの新作。

今回はあらたに日本を代表するヒップホップアクティビストであるZeebraが登場し、圧巻のラップパフォーマンスを披露している。

前作に続いて、ボカロ曲に合わせてパラパラを踊るみうめと仮面ライアー217。 曲の終わりに会場が暗転し、場内には重いビートが鳴り響く。会場のスクリーンに大映しになるひとりのアーティスト。

日本のヒップホップ界の第一人者、Zeebraが、18年連続売上No.1のニチレイ“本格炒め炒飯(R)”にかけて、「No.1」のワードが散りばめられた新曲「Still#1」のリリックを刻みながら会場の観客を盛り上げる。

「Still#1」と聴いてファンが思い浮かべるのは、Zeebraのソロデビューアルバム『THE RHYME ANIMAL』収録の「I'M STILL NO.1」。
20年以上の時を経てなお音楽シーンの最前線を走り、“Still#1”とラップするZeebraの姿は全ヒップホップヘッズ必見だ。

パラパラのパートで使用されている楽曲「PPCH」は、欅坂46「黒い羊」の楽曲提供でも知られる音楽制作ユニット、ナスカがプロデュース。“パラパラ踊るあのヒトは とても香しく艶やかで ボクの胸を焦がすほど 黄金色に輝いてた”と恋愛と炒飯をかけたユニークな歌詞にも注目だ。

また、後方のDJブースには、ニチレイ“本格炒め炒飯(R)”開発担当の社員2名が前作に引き続き出演している。

Zeebra コメント
Q. 本企画のお話を聞いた際の感想を教えてください
A. チャーハン!? マジ??

Q. 「Still#1」を生み出す際に苦労したポイントや、 出来上がるときのエピソードがあれば教えてください
A. 20年以上前に、すでに同名の曲(「I’m still No.1」)を出しているんですが、20年経ってもいまだに“No.1″と言っているんですから、俺も随分大きく出たなぁと(笑)。

Q. ラッパーがCMに出るということについて、Zeebraさんの考え方、スタンスなど教えてください。
A. ラッパーは大きな影響力を持つ職業だと思うので、悪影響にならないCMだったら、いくらでもやったほうがいいと思う。

商品ブランドサイト
https://www.nichireifoods.co.jp/brand/honkakuitame/

    あなたにおすすめ

    ニュース設定