ホーム > mixiニュース > エンタメ > 音楽 > “奇跡の歌姫”の生涯に迫る傑作ドキュメンタリーが映像作品化! 薬物問題や複雑な家族問題、そして若すぎる死の裏側にあった真実とは!?

“奇跡の歌姫”の生涯に迫る傑作ドキュメンタリーが映像作品化! 薬物問題や複雑な家族問題、そして若すぎる死の裏側にあった真実とは!?

0

2019年06月01日 08:50  M-ON! MUSIC

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

M-ON! MUSIC

写真掲載:M-ON! MUSIC NEWS
掲載:M-ON! MUSIC NEWS
■“アメリカポップシーン史上最高の歌姫”ホイットニー・ヒューストンの生涯に迫る、映画『ホイットニー〜オールウェイズ・ラヴ・ユー』が、本人の誕生日である8月9日にBlu-ray&DVD化!

【画像】80年代から90年代にかけて全盛期を迎えたホイットニー・ヒューストン

アメリカ・ポップシーン史上最高の歌姫として知られるホイットニー・ヒューストンの人生に迫った映画『ホイットニー〜オールウェイズ・ラヴ・ユー』のBlu-ray&DVDが、本人の誕生日である8月9日にリリースされることが決定した。
本作は、ホイットニー・ヒューストン財団初の正式公認作品である。

ホイットニー・ヒューストンは1963年8月9日、ニュージャージー州ニューアークに生まれた。幼い頃よりスターになるべく育てられ、11歳のときには教会でゴスペルを歌い聴衆を驚嘆させた。アリスタ・レコードの社長クライヴ・デイヴィスに見出されデビューしたのち、80年代から90年代に全盛期を迎える。そのパワフルな存在感は、同時代を生きた多くの人々に多大な影響を与えた。

しかし、映画『ボディーガード』の成功とボビー・ブラウンとの結婚を境に、薬物問題や複雑な家族問題ばかりが取り沙汰されるようになる。そして48歳という若さで迎える死。いったい彼女に何があったのか……?

本作のメガフォンをとったのは、アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞受賞作『ブラック・セプテンバー/五輪テロの真実』を始め、『運命を分けたザイル』『ボブ・マーリー/ルーツ・オブ・レジェンド』といった映画史に輝くドキュメントのほか、劇映画ではアカデミー賞(R)受賞作『ラストキング・オブ・スコットランド』などを手がけてきた、名匠ケヴィン・マクドナルド。

『マン・オン・ワイヤー』『シュガーマン 奇跡に愛された男』で知られるサイモン・チンが製作に名を連ねてる本作は、世間に溢れたゴシップにとらわれることなく、膨大な映像記録を丹念にリサーチ。初公開となるホームビデオや貴重なアーカイブ映像、未発表音源とともに、家族、友人、仕事仲間などの証言を紡ぎ合わせることで見えてきた彼女の真の姿とは? その知られざる素顔に鋭く、フェアに迫る傑作ドキュメンタリーだ。

なお、今回発売になるセルBlu-rayとDVDには、特典映像として海外版・日本版を含む予告編集が収録される予定となっている。

【ストーリー】
どこまでも伸びる圧倒的な歌唱力を備え、ポップス史上に燦然と輝く奇跡のミューズ、ホイットニー・ヒューストン。80年代から90年代の全盛期、メディアを通して見る彼女はつねに溌剌としていて、眩いばかりの笑顔を弾けさせていた。そのパワフルな存在感は、性別、国境、世代、そして人種までをも超えて、同時代を生きた人々に大きな活力を与えた。

しかし、『ボディーガード』の成功とボビー・ブラウンとの結婚を境に、薬物問題、複雑な家族問題ばかりが取り沙汰されるようになり、48歳という若さで不慮の死を遂げてしまう。

いったい彼女に何があったのか? メディアの前ではつねに笑顔で陽気なスター、でも心の奥底は傷ついた少女。抱えていた複雑な感情をさらけ出し、波乱万丈な自らの人生と重ね合わせ、歌にぶつけ続けた――。

あの時代、あの瞬間、あの美声は確かにそこに存在していた。そして“ホイットニーの声”は、いつまでも私たちの心に届き続けるのだ……。

リリース情報
2019.08.09 ON SALE
Blu-ray&DVD『ホイットニー〜オールウェイズ・ラヴ・ユー』
※レンタル同時スタート
発売元・販売元:ポニーキャニオン
(C)2018 WH Films Ltd


映画『ホイットニー〜オールウェイズ・ラヴ・ユー』公式サイト
http://whitneymovie.jp/

映画『ホイットニー〜オールウェイズ・ラヴ・ユー』Blu-ray&DVD詳細https://news.ponycanyon.co.jp/2019/06/32434

    あなたにおすすめ

    ニュース設定