ホーム > mixiニュース > エンタメ > 音楽 > 乃木坂46、『Sing Out!』で3作目の初週100万枚突破 楽曲に貫かれる“気品と洗練”

乃木坂46、『Sing Out!』で3作目の初週100万枚突破 楽曲に貫かれる“気品と洗練”

1

2019年06月09日 13:01  リアルサウンド

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真写真

参考:2019年6月10日付週間シングルランキング(2019年5月27日〜2019年6月2日・ORICON NEWS)


 乃木坂46の23枚目のシングル『Sing Out!』が初週で100万枚を突破。乃木坂46にとっては、2018年の『シンクロニシティ』、『帰り道は遠回りしたくなる』に続く初週100万枚突破となりました。『Sing Out!』は、2019年6月10日付の週間シングルランキングでもちろん1位です。


(関連:乃木坂46 秋元真夏、テレビ出演増加の理由は? 黒柳徹子とも渡り合うバラエティ力の高さ


 表題曲「Sing Out!」をアイドルポップスとして聴くと、ファンをいきなり盛りあげるような楽曲ではなく、地味にすら感じられるかもしれません。ではJ-POPとして聴くとどうでしょうか? 大きなスケールのなかで、エバーグリーンな魅力に満ちています。


 乃木坂46の楽曲を貫いているものとは気品と洗練です。「Sing Out!」もまたその系譜の中にあります。終盤に向けて徐々に昂揚していく構成も魅力的です。


 作曲は、乃木坂46の「言霊砲」の作編曲を担当していたRyota Saitoと、欅坂46の「アンビバレント」の作編曲(浦島健太と共作)も担当していたTETTAによる共作。2人ともHOVERBOARDという作家事務所に所属しています。


 そして「Sing Out!」で重要なのは、リズムがミニマムなループを基本としていることです。いわゆるブレイクビーツ的な作りで、そこにはヒップホップ以降の感覚があります。音源では5分7秒以降、特にそれが顕著です。「Sing Out!」は、最後はリズムのみとなって終わります。


 編曲は野中“まさ”雄一。彼は自身のブログ「“まさ”のたわいもない雑記帳」にこう記しています。


「僕のアイドル系アレンジの中では、かなり音数は少なめ曲かも知れませんね。
乃木坂感出しつつ、手拍子感というかストンプ感みたいなのが豪華になると良いな〜、
と思って作りましたんで、
聴いてくださった方が、手拍子したくなってもらえたら本望です。」


 ストンプというキーワードのもと、少ない音数でリズムを強調しているのが「Sing Out!」。MVでも、乃木坂46のメンバーたちがクラップをし続けます。そして、ミュージカルを見ているかのようなMVでもあります。今回の選抜メンバーの1列目には生田絵梨花がいますが、彼女が出演していたミュージカル『ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』を見たときの感覚を思い出しもしました。


 シンプルであるがゆえに美しい骨格を誇っている。「Sing Out!」はそんな楽曲です。


 カップリングの「滑走路」は、ファンキーなギターといい、ストリングスの配し方といい、音楽的にはディスコナンバー。Type-A収録の「のような存在」は、齋藤飛鳥と白石麻衣が歌う、品のあるEDM。異色作です。Type-B収録の「Am I Loving?」では、エレクトロな音が前面に。Type-C収録の「平行線」は、乃木坂46のイメージに近いポップス。Type-D収録の「4番目の光」は、4期生メンバーの歌声が初々しく響く楽曲。通常盤収録の「曖昧」は、生田絵梨花と松村沙友理の生の歌声に加えて、加工されたボイスも響く冷ややかなテクノです。


 これだけのバラエティを誇るなかで表題曲に選ばれたのは、シンプルなビートが重要な「Sing Out!」。その選択が強く支持されていることが証明されたのが今回のランキングでした。(宗像明将)


    あなたにおすすめ

    ニュース設定