ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 部屋を素敵にする「物選び」のポイント! マリメッコのデザインも手がける鈴木マサルが語る

部屋を素敵にする「物選び」のポイント! マリメッコのデザインも手がける鈴木マサルが語る

1

2019年06月11日 14:50  J-WAVE NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

J-WAVE NEWS

写真写真
J-WAVEで放送中の番組『UR LIFESTYLE COLLEGE』(ナビゲーター:吉岡里帆)。6月9日(日)のオンエアでは、ゲストにテキスタイルデザイナーの鈴木マサルさんをお迎えし、創作にまつわるお話やテキスタイルをお部屋に取り込むポイントについて伺いました。

この記事の放送回をradikoで聴く



■センスが光る! 色と柄の組み合わせが可愛い

鈴木さんは、多摩美術大学染織デザイン科卒業後、粟辻博さんのデザイン事務所に勤務。2005年には自身のファブリックブランド「OTTAIPINU」を設立し、2010年からはフィンランドのブランド、マリメッコのデザインも手掛けるなど、テキスタイルデザインのパイオニアとして活躍中です。

この日はスタジオにカラフルな靴下を持ってきてくれました。

0609OA_suzuki.jpg

吉岡:すべてがいろんな色と柄の組み合わせで、センスが光りまくっています。
鈴木:ほっておくと無地になっちゃうのはつまらないと思うので、なるべく色や物を生活に取り入れることで、気持ちが前にいくものがあったらいいなという思いで作っています。
吉岡:本当にそう思います。私は黒いワンピースが好きでよく着るんですけど、ちょっと可愛い靴下を履いていたら、夏の暑い中でも暑苦しくならなさそうだし、遊び心があると思います。
鈴木:靴下は入門編みたいな感じです。

鈴木さんは靴下以外にもカーテンやソファの生地、傘などもデザインしています。


■マリメッコとの出会い

元々グラフィックデザイナーを目指していた鈴木さん。美術大学を受験しますが、残念ながらグラフィックは全部落ちてしまい、受かったのがテキスタイルでした。初めは興味を持てなかったそうですが、とある写真でテキスタイルに興味を持つようになります。

鈴木:1年の夏頃に図書館で本を見ていたら、北欧のテキスタイルの写真があって、グラフィック的な柄がたくさんあり、「これはすごく面白いな」と思ったのがきっかけです。その写真がマリメッコでした。
吉岡:マリメッコ大好き!
鈴木:今は有名ですが当時は誰も知らないようなブランドで、僕がみた海外の雑誌に小さい白黒の写真が載っているだけで、それがマリメッコとわかるまでも、けっこう大変でした。
吉岡:白黒写真に小さく載っていたところに目をつけたのは、先見の明ですよね。
鈴木:自分でも不思議に思うんです。
吉岡:なぜ白黒のマリメッコを見て惹かれたんですか?
鈴木:工芸の友禅の細かい鳥や羽など、細かい絵を描くことを大学で学んでいて、生地からはみ出る大きな柄がプリントされているところに衝撃を受けたんだと思います。「こんなんでいいんだ」って(笑)。
吉岡:きっとそこに自由を感じたんですね。


■夏の模様替え! テキスタイルを取り込むポイントは?

鈴木さんは事務所にいる時間が長く、事務所を小綺麗にしたり、好きなものを置いたりしているそうです。

吉岡:アイデアを生むために、環境づくりで意識していることはありますか?
鈴木:色を使うことが多いので、職場自体はなるべく色を置かないようにしているんです。見ている色ってどんどん体の中に入ってくるので、影響を受けてしまうのが怖いと思っています。なるべく白っぽく、色が映える空間にして試作した色を見ています。
吉岡:ちなみに、夏に向けて模様替えを考えている方もいると思うのですが、テキスタイルをうまく生活に取り込むポイントを教えてください。
鈴木:特に色が綺麗なものって、大きい面積では取り入れにくかったりするので、昔は「クッションやファブリックパネルとかどうですか?」と答えていたんですが、最近は「綺麗だなと思ったら買っちゃってください!」と思っています。
吉岡:物の色だったりデザインにキュンとすることがきっかけですもんね。
鈴木:部屋に合うかどうかよりも、「自分がいいな」と思った物を身近に置くことは素敵だと思います。今からの季節だったら、重苦しいカーテンじゃなくて、無地でもきれいめの色の生地を切って、上と下だけ縫って吊ってもいいと思います。
吉岡:白やベージュなどよくあるモノトーンで整えがちな方も、「ちょっとやってみようかな」という気持ちになりますね。
鈴木:(カーテンの)下が床にぴったり付きがちなんですけど、これからの季節はツンツルテンでも良いと思うんですよ。ズボンの丈みたいに(笑)。
吉岡:たしかに! 「カーテン買うぞ」となるとオーダーメイドで測って時間がかかったりしますよね。
鈴木:夏は下が見えていても全然大丈夫です。ツンツルテンのカーテンって素敵で軽々しく爽やかな感じになるのでおすすめです。
吉岡:すごい。楽しみ方の先生です!

鈴木さんが手がけるイベント、アンブレラスカイ・デザインプロジェクト「森と、湖と、アンブレラと。」が、埼玉県飯能市にあるテーマパーク「メッツァビレッジ」で開催中です。約700本の傘と鮮やかな色柄の道の演出を行います。7月15日までなので、気になった方はチェックしてみてください。

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『UR LIFESTYLE COLLEGE』
放送日時: 毎週日曜18時−18時54分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/lscollege/

    あなたにおすすめ

    ニュース設定