ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 谷まりあ、過酷な『イッテQ!』パパラッチロケで「タフになれました」

谷まりあ、過酷な『イッテQ!』パパラッチロケで「タフになれました」

0

2019年06月12日 17:11  Techinsight Japan

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techinsight Japan

写真出川哲朗と谷まりあ、今年2月にはアカデミー賞授賞式へ(画像は『谷まりあ Maria.T 2019年3月31日付Instagram「イッテQ見てくれてありがとう〜 今回は中々厳しかったけど、マックスの熱意に少しでも応えられるように私たちなりに頑張りました」』のスクリーンショット)
出川哲朗と谷まりあ、今年2月にはアカデミー賞授賞式へ(画像は『谷まりあ Maria.T 2019年3月31日付Instagram「イッテQ見てくれてありがとう〜 今回は中々厳しかったけど、マックスの熱意に少しでも応えられるように私たちなりに頑張りました」』のスクリーンショット)
放送開始から10年以上経った日本テレビのバラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』は、レギュラー陣が世界各国で体を張ったチャレンジを行うことでお馴染みだ。出演者たちが過酷な状況に置かれることもしばしばだが、“出川ガール”としてブレイクした谷まりあも同番組のロケで相当鍛えられたという。

10日に放送されたMBSラジオ『アッパレやってまーす!』の月曜新レギュラーとして登場した谷まりあ。リスナーから海外ロケについて質問されると、『イッテQ!』の収録で「明後日からLA」と明かした谷は「準備も3分とかで終わりますね」とあっさり答えて周囲を驚かせた。

谷が出演している「パパラッチ出川」は海外セレブを一日中パパラッチする企画だが、実際に朝から晩まで張り込みを続けるためロケ終わりに食事するなどの時間もないという。そのため着替えもほとんど要らず、シャンプーセットなど最小限のものを用意するだけ。帰りの飛行機に乗るまで私服は必要がなく、前回の撮影は「(飛行機の)チェックインの1時間前までロケ」したそうだ。これにはよゐこの有野晋哉も「出川スタイルだ、本当に」「ViViの専属モデルなのに…」と笑うしかなかったようだ。

他にも朝5時までロケを行い同日の9時から再び収録を行うこともあったと言い、谷はロケ中「また戦いが始まる…」とずっと心が休まらないという。それでも「楽しいですよ」と明るく語っており、おかげで他の仕事は楽に感じることが多いそう。「タフになれました」と過酷な経験もポジティブに捉えていた。

画像は『谷まりあ Maria.T 2019年3月31日付Instagram「イッテQ見てくれてありがとう〜 今回は中々厳しかったけど、マックスの熱意に少しでも応えられるように私たちなりに頑張りました」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 根岸奈央)

    あなたにおすすめ

    ニュース設定