ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 抱っこひもって何歳まで使えるの?現役ママたちのリアルを調査!

抱っこひもって何歳まで使えるの?現役ママたちのリアルを調査!

0

2019年06月14日 11:00  mamagirl

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

mamagirl

写真掲載:mamagirl
掲載:mamagirl
■抱っこひもが使える期間は? メーカーごとに対象年齢をチェック!

【詳細】他の写真はこちら


出典:@ ____sappi____さん

抱っこひもを使うことでママの両手が自由になるため、外出中のみならず自宅でも欠かせない育児アイテムとして利用されています。ママによっては、子どもがかなり大きくなっても抱っこひもが欠かせないというケースも。人気メーカーから販売されている抱っこひもは、大体何歳くらいの子どもまでを対象として開発されているのでしょうか。



・みんなはいつ使ってる?抱っこひもが重宝されるシーンとは

出典:@ 0203emさん

みなさんが抱っこひもを使うのは、どんなときですか?“家の中でも外でも抱っこひもが欠かせない!”というママも、多いことでしょう。現役ママたちから寄せられたアンケートによると、お出かけのときや家事をするとき、寝かしつけのときなどに使用する人が多数派。泣いている赤ちゃんを抱っこしてあげたいけれど、他にも用事をしたい…。そんなときに、抱っこひもを活用しているママが多いようです☆



・何歳から何歳まで使えるの?人気抱っこひもの適用月齢

出典:@ d_jr2019さん

まずは、街を歩いていても同じものを使っている人を見かけることが多い、『ergobaby(エルゴベビー)』・『BABY BJORN(ベビービョルン)』・『Aprica(アップリカ)』の抱っこひもから。この3社は、適用月齢36カ月(3歳)・体重15kgまでが対象となっています。新生児用のインサートを使えば、生後0カ月から使用できるものもあるので要チェックです。『napnap(ナップナップ)』は抱っこひもとして24カ月・13kgまで、おんぶひもとしては48カ月・20kgまで使用可能。36カ月以降はSGマークの対象外ですが、おんぶひもとしてかなり長く使用できます。



・布1枚タイプの抱っこひもは長く活用できるものも

出典:@ 0203emさん

韓国発の抱っこひもとして知られる『konny(コニー)』。肩ひもやバックルなどがなく、ママやパパの体に負担が少ないことで人気を集めている抱っこひもです。体重15kgまでくらいまでを目安としている抱っこひもが多い中、コニーは子どもの体重が20kgになるまで使用可能。もちろん新生児から使用可能なので、かなり長く使える抱っこひもと言えます。
・使用期間を短く設定している抱っこひももある
昔からあるおんぶひものような作りが特徴の、『FELISSIMO(フェリシモ)』。リーズナブルな抱っこひもなので、洗い替え用として持っている家庭も多くみられます。フェリシモの抱っこひもは、無駄のないシンプルな作りが魅力。新生児用のインサートやヘッドカバーなどはないので、使用できるのは首がすわった4カ月ころからとなっています。使用できる上限は、赤ちゃんの身長が75cm・体重10kgとなるころまで。3歳近くまで使える他の抱っこひもにくらべ、対象月齢は低めとなっています。

■先輩ママのリアルが知りたい!抱っこひも卒業のタイミングはいつ?

出典:@ ______saya__さん

絶賛抱っこひも活用中のママにとって気になるのが、“抱っこひもは一体いつまで使うのか”ということ。すでに抱っこひも期を卒業したママたちは、どのタイミングで抱っこひもの使用をストップしたのでしょうか。



・子どもが歩けるようになった頃から使わなくなった

出典:@ nana__28l8さん

抱っこひも卒業の目安となるのが、子どもが一人で歩けるかどうか。よちよち歩けるようになってくると子ども自身の“歩きたい欲”がどんどん出てくるため、子どものほうから抱っこひもを嫌がる場合も。抱っこよりも自分で歩きたいとグズるケースも増えるので、自然とこの頃から抱っこひもを使わなくなった…というママも多いようです。
・子どもが重くなった影響で抱っこひもを卒業
抱っこひもによっては、体重20kgまでの子どもを抱っこできるものもあります。子どもの体重が抱っこひもの許容範囲内であっても、ママが重いと感じるようになれば抱っこひもの登場機会は自然と減ってくるものです。実際、体重10kgを超えるとママの体にかかる負担は相当なもの。子どもの体重が増えると、抱っこひもを使っているママに腰痛や肩こりなどの症状がみられるようになるケースも珍しくありません。ママの体にかかる負担が大きくなってきたら、抱っこひも卒業の目安と考えるのもひとつの方法です。



・ベビーカーへの切り替えで抱っこひもの使用回数が激減

出典:@ ayaka.o.s2さん

最初は抱っこひもが欠かせなかったけれど、子どもがベビーカーに慣れてくれたおかげで、ベビーカー派に転向したというママも少なくありません。赤ちゃんの中には、ベビーカーを好んで抱っこひもを嫌がる子も。このケースは、抱っこひもの目安使用期間よりもかなり短い期間で、抱っこひもの卒業を迎えることになるでしょう。ベビーカー派の人にも“何歳まで使えるの?”という悩みを抱えるケースが多いので、自分のライフスタイルに合うアイテムを選んで使うのがベストと言えます。

■先輩ママにアンケートを実施!みんなは何歳まで使ってた?

出典:@ ma.tatatataさん

抱っこひもを長らく使用してきた先輩ママたちに、子どもが何歳になるくらいまで抱っこひもを使っていたのか調査!世のママたちは、一体子どもが何歳まで抱っこひもを使っていたのでしょうか。



・しっかり歩けるようになる2歳頃まで使っていた!

出典:@ nana__28l8さん

2歳にもなれば手足もしっかり長くなり、抱っこひもから出ている面積がかなり多くなります。抱っこひもにすっぽりおさまっていた赤ちゃん期にくらべ、なんとなく抱っこひもでの抱っこに違和感を覚える人が増えるのも、この“2歳”という年齢ではないでしょうか。しっかり歩けるようになっているとはいえ、まだまだママやパパに抱っこしてもらいたい盛り。出先で抱っこを求められるときも、多々あることでしょう。買い物やお出かけのときには、子どもが2歳になるくらいまで抱っこひもを欠かさず持ち歩いていたというママが多いようです。



・抱っこ大好きマンのママは3歳くらいまで活用

出典:@ tomogaki_520さん

抱っこが大好きな子や、複数きょうだいがいる家庭の末っ子など、ママ・パパの抱っこを常に求めてくるタイプの子は、なかなか抱っこひもを卒業できないケースも。一体何歳まで抱っこ求めてくるのだろうと思いながらも拒否するわけにはいかないので、外出先でつねに抱っこひもを使っているというママの声もありました。体は大きくても心はまだ赤ちゃんと子どもの間を揺れ動いているのが、3歳の特徴。抱っこひもが使えるギリギリの年齢まで、しっかり活用したというママも多いようです♡

■抱っこでスキンシップを!成長に合わせて抱っこひもを活用しよう
抱っこひもは、育児中に欠かすことができない神アイテム。おんぶひもとしても使えるタイプがたくさん販売されているので、家事をするときなども必ず使っているというママが多くいます。子どもによって、抱っこを求めてくる回数や頻度にも差があるもの。無理に抱っこひも卒業を考えるのではなく、子どもの成長に合わせてうまく抱っこひもを活用していきましょう!

    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定