ホーム > mixiニュース > エンタメ > 映画 > 「シャイニングを思い出すカットが多くてドキドキする」 映画「ドクター・スリープ」2019年冬日本公開へ、予告では双子の姉妹や“REDRUM”も

「シャイニングを思い出すカットが多くてドキドキする」 映画「ドクター・スリープ」2019年冬日本公開へ、予告では双子の姉妹や“REDRUM”も

2

2019年06月15日 15:43  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真(C)2019 Warner Bros. Ent. All Right Reserved
(C)2019 Warner Bros. Ent. All Right Reserved

 スティーヴン・キングの小説を映画化した「ドクター・スリープ」が、2019年冬に日本で公開されることが決定。併せて、ビジュアルとUS版予告も公開されており、ネットでは「ムービー内に前作シャイニングを思い出すカットが多くてドキドキする」と反響が寄せられています。



【予告画像】双子の登場シーン



 同作は、1980年にジャック・ニコルソン主演で映画化した小説『シャイニング』の続編で2013年に発表した小説を基に映画化。映画「シャイニング」では狂気にとらわれたジャックとその家族に襲いかかる恐怖が描かれましたが、同作では、その惨劇から生き残ったジャックの息子・ダニーの40年後が描かれます。



 ダニーを演じるのは、「トレインスポッティング」や「プーと大人になった僕」などのユアン・マクレガー。公開された予告では、雪に閉ざされたホテル、三輪車をこぐ幼き日のダニー、呪われた237号室、バスタブの老婆、血のエレベーター、壁の穴、双子の姉妹など映画「シャイニング」のシーンも収められている他、「REDRUM」の文字も再び登場しています。



 ネットでは、「シャイニングのシーンと音楽を使うとはズルいじゃないか」「予告見る感じ、キューブリックシャイニングに寄せるのかな」「ドクタースリープの米予告やっと見たけどあのホテルの絨毯の柄思い出してめちゃくちゃこわくなった」など「シャイニング」を思い出した人も多かったようです。



 監督は、Netflixで配信されたスティーヴン・キング原作の映画「ジェラルドのゲーム」でメガホンを取ったマイク・フラナガン。Netflixで話題となったホラードラマ「ザ・ホーンティング・オブ・ヒルハウス」の原作/制作も務めています。


あなたにおすすめ

ニュース設定