ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > 食戟のソーマ完結 特別編決定

料理バトル漫画『食戟のソーマ』完結で約6年半の歴史に幕 特別編連載&TVアニメ4期放送決定

119

2019年06月17日 10:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『週刊少年ジャンプ』29号で最終回を迎えた漫画『食戟のソーマ』 (C)附田祐斗・佐伯俊/集英社
『週刊少年ジャンプ』29号で最終回を迎えた漫画『食戟のソーマ』 (C)附田祐斗・佐伯俊/集英社
 料理バトル漫画『食戟(しょくげき)のソーマ』(原作:附田祐斗、作画:佐伯俊、協力:森崎友紀)が、17日発売の『週刊少年ジャンプ』(集英社)29号で最終回(315話)を迎えて完結した。巻頭カラーには「“超快感&新食感”ストーリー 遂に終幕!!」と書かれており、2012年11月下旬より連載をスタートした同作が、約6年7ヶ月の歴史に幕を下ろした。また、重大発表として、本編のその後のキャラクターのエピソードを描いた特別編『食戟のソーマ〜Le dessert〜』が『少年ジャンプGIGA 2019 SUMMER』で連載、テレビアニメ第4期『食戟のソーマ 神ノ皿(しんのさら)』が10月より放送されることが発表された。

【画像】『食戟のソーマ』テレビアニメ第4期のビジュアル

  約6年半の連載を終えて附田氏は「315週分、創真たちと歩けて幸せでした!応援して下さった全ての方々に感謝!」、佐伯氏も「アニメ4期、ありがとうございます。よければGIGAもお付き合いくださいっ!!」と同誌の巻末で感謝のコメントを寄せている。

 同作は、名門料理学校「遠月学園」を舞台に、下町の定食屋の息子である料理人の少年・幸平創真が、目標である料理人の父・城一郎を超えるため、仲間とともに成長し活躍する姿を描いた料理バトル漫画。料理監修は料理研究家・森崎氏が担当するなど本格的で、「食戟(しょくげき)」と呼ばれる料理対決をさまざまな視点から描いている。

 2012年11月より連載がスタートし、コミックスは現在まで35巻まで発売され、累計発行部数は1900万部を突破。漫画アプリ『少年ジャンプ+』にてスピンオフ漫画の掲載や、テレビアニメが第3期(1期15年4〜9月、2期16年7〜9月、3期前半17年10〜12月、後半18年4〜6月)まで放送された。

 最終回は3日に発売された同誌で「(最終回まで)残り3話」と告知されており、ネット上では「ソーマあとちょっとでおわんの!?えええええ」「貴重な料理漫画だった…」と驚きと完結することへの悲しみの声が多くあがっていた。

 その際、「最終話と同時に超重大発表が!!」と告知されており、きょう発売された同誌にて、27日に発売される週刊少年ジャンプ特別編集増刊『少年ジャンプGIGA 2019 SUMMER』にエピローグとなる『食戟のソーマ 〜Le dessert〜』の連載が発表。本編のその後のキャラクターのエピソードが展開される特別編が、『少年ジャンプGIGA 2019 SUMMER』で3ヶ月連続で掲載される。

 また、テレビアニメ第4期の放送が決定し、10月より『食戟のソーマ 神ノ皿』のタイトルで、第3期で描かれた連隊食戟の戦いの続きが描かれる。

このニュースに関するつぶやき

  • 衝撃のソーマだお(´・ω・`)
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 引き際を間違えた漫画
    • イイネ!35
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(71件)

あなたにおすすめ

オススメゲーム

ニュース設定