ホーム > mixiニュース > エンタメ > 映画 > バイク型ターミネーター(本物)が米博物館で展示 ドゥカティを魔改造して制作した貴重な1台

バイク型ターミネーター(本物)が米博物館で展示 ドゥカティを魔改造して制作した貴重な1台

0

2019年06月18日 17:38  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真映画「ターミネーター4」に登場したバイク型ターミネーター「モト・ターミネーター」の実物が米博物館で展示
映画「ターミネーター4」に登場したバイク型ターミネーター「モト・ターミネーター」の実物が米博物館で展示

 映画「ターミネーター4」に登場したバイク型ターミネーター「モト・ターミネーター」が、米博物館で行われている特別展で展示され、映画ファンから注目を集めています。



【画像】こんなところにハンドルがあったのか



 このモト・ターミネーターは、作中でクリスチャン・ベール演じる主人公ジョン・コナーを追跡するために投入されたバイク型ターミネーター。人型を中心としたターミネーターの中で異彩を放つ存在ですが、その性能は非常に高く、高い機動性で敵(人間)を追跡して、左右に備えたプラズマ砲や機銃などで殲滅するという恐ろしき猟犬です。



 そんなモト・ターミネーターはCGで合成された架空の存在と思われがちですが、実際にはバイクメーカー「ドゥカティ」の協力で実車が制作され、ライダーが乗って走行する実写撮影も行われたそうです。



 モト・ターミネーターのベースとなったのは2009年製の大型二輪「モンスター1100S」で、デザイン画を元にVFX会社「トランスFX」などが制作。全4台のモト・ターミネーターが生み出されました。



 米カリフォルニア州にあるピーターソン自動車博物館で展示されているモト・ターミネーターはそのうちの1台で、手で触れられるほどの距離でじっくりと眺めることができそうです。



 ピーターソン自動車博物館では2020年3月までの予定で「ハリウッド・ドリーム・マシン」と題された特別展が開催中。デロリアンなどの名作映画に登場したマシンが会場内にずらりと並べられているそうです。


    あなたにおすすめ

    ニュース設定