ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 山田涼介ら、波瑠&小澤征悦の誕生日を特大ケーキで祝福『もみ消して冬 2019夏』

山田涼介ら、波瑠&小澤征悦の誕生日を特大ケーキで祝福『もみ消して冬 2019夏』

0

2019年06月19日 17:11  テレビドガッチ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

テレビドガッチ

6月29日に放送されるスペシャルドラマ『もみ消して冬 2019夏 〜夏でも寒くて死にそうです〜』(日本テレビ系、 21:00〜)の撮影現場で、主演の山田涼介(Hey!Say!JUMP)をはじめとした出演者・スタッフが、波瑠と小澤征悦の誕生日をサプライズで祝った。

2018年1月期に放送された連続ドラマ『もみ消して冬 〜わが家の問題なかったことに〜』が、この度スペシャルドラマとして復活。連ドラは、山田と波瑠と小澤の演じるエリート3兄弟が、家族にふりかかるトラブルのみを全力で解決するという「どコメディ」ホームドラマ。

北沢家のリビングでの撮影の合間、まず運ばれてきたのは波瑠のバースデーケーキ。スタッフがケーキのろうそくに火を灯し、全員でハッピーバースデーを合唱した。少し照れくさそうにしていた波瑠だが「28歳になりました。撮影短いですけど楽しみたいと思います。ありがとうございます」とあいさつし、周囲から大きな拍手が巻き起こるとニッコリ。

そして波瑠のすぐ横にいた小澤も実は今月6日が誕生日。「おれのケーキはないの?」とスタッフをいじっていると、小澤のケーキもスタッフに運ばれて登場。同じく全員でハッピーバースデー歌い拍手が起こると、先ほどの波瑠のマネをしながら「続編で45歳になりました。短いですけど頑張りたいと思います。よろしくお願いします」とあいさつし、スタジオ中が笑いに包まれた。

29日放送のスペシャルでは、ロスに医者として武者修行に出ていた長男の博文(小澤)が、「AIを駆使した医療技術」という新たなスキルを身につけて帰国。北沢家に「AIケンジ」そして、その妹の「AIサユリ」を持ち込む。そんな中、パティシエの面接に落ち続け、北沢家の落ちこぼれと成り果てていた次男の秀作(山田)は、著述家として復活していた父・泰蔵(中村梅雀)から持ちかけられたゴーストライターの仕事に奮起。何度書いても泰蔵に却下されまくるが、「AIサユリ」に原稿を直させるという荒技で、秀作はなんとか泰蔵の著作を完成させる。北沢家での地位を確立したかに見えた秀作だったが、発売された本が事実のねつ造を疑われ、泰藏は大ピンチに陥ってしまい……。

現在、日本テレビ公式動画ポータル「日テレTADA」や、民法公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」、「Hulu」などで全10話が視聴可能となっている。また、日テレ公式YouTube上に開設された「もみ冬ちゃんねる」では、スペシャルドラマの放送当日まで毎週土曜日正午に、『もみ消して冬』に関連する出演者たちの動画を配信中。こちらもあわせてチェックしてみては?

    あなたにおすすめ

    ニュース設定