ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > フジ、「NGな報道」連発? 吉本芸人の「闇営業騒動」めぐり他局から批判噴出のワケ

フジ、「NGな報道」連発? 吉本芸人の「闇営業騒動」めぐり他局から批判噴出のワケ

5

2019年06月22日 14:51  サイゾーウーマン

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サイゾーウーマン

写真入江慎也インスタグラムより
入江慎也インスタグラムより

 複数の吉本芸人が、“闇営業”として詐欺グループの忘年会に参加したことによる一連の騒動をめぐり、現在フジテレビが“孤立危機”を迎えているという。「フライデー」(講談社)の報道をきっかけに、さまざまなメディアが忘年会時の模様を収めた映像や画像データを使ってニュースを報じる中、「フジテレビの放送内容に対してのみ批判が集中している」(テレビ局関係者)という。

 吉本との契約関係を解消されたカラテカ・入江慎也をはじめとして、雨上がり決死隊・宮迫博之やロンドンブーツ1号2号・田村亮など、有名芸人が多数参加していた件の忘年会。当日は、複数の参加者がスマートフォンなどを用いて、ビデオ撮影を行っていたものとみられている。

「『フライデー』の記事でも、詐欺グループの元メンバーである忘年会の参加者が証言をしていましたが、当然映像を撮っていたのも、グループの関係者でしょう。このグループはすでに解散しているものの、“元”犯罪集団のメンバーが提供した映像であることには違いなく、使用に際しては、映像提供者に謝礼も発生するはず。テレビ局が視聴率目当てで使用することには、当初から局内でも問題視する声が出ていました」(同)

 入江の吉本追放が明らかになった直後は、こうした映像や画像を使っていた局も、すぐに“自粛”するようになっていったという。

「ところがフジだけは、その後も繰り返し忘年会の映像を流し続けていたそうで、そのスタンスに、各局から批判が出ていました。フジは今回の報道に相当気合を入れていたようで、『とくダネ!』では、入江への電話インタビューもオンエア。しかし、実は入江へのインタビューは、ほかの局でも成功していたものの、すぐに入江の弁護士から『放送使用は控えてほしい』と打診があったため、流さなかったといい、フジだけが強行でオンエアしたというワケです」(同)

 フジはこうした行いによって、現在、吉本ともかなり険悪な状況に陥ってしまったという。

「あるフジの番組が、吉本芸人にVTR出演オファーをしたのですが、立て続けに断られてしまったそうです。吉本サイドとしても、今回の闇営業騒動はかなり深刻に捉えており、今後、入江以外の芸人たちにも処分を検討している状況ですが、一方でフジの“暴走”についても問題視しているとか。フジ関係者も、なんとか関係が修復できないものかと、関係各所に泣きついているものの、他局からは冷ややかな視線を送られていますよ」(情報番組デスク)

 NHKは忘年会に参加した芸人の番組について、放送取りやめを発表。テレビ朝日も吉本興業に対して「コンプライアンスの徹底を」と申し入れている。そんな中で、フジだけが吉本サイドに“泣きを入れる”状況に陥ってしまっているのは、なんとも情けない話ではないだろうか。

このニュースに関するつぶやき

  • 明日の番組、松本人志さん、此の報道体制に何か言うかな…。
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • 先に使うのやめただけで他も使ってたんやろが、批判する立場か?\(^o^)/
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定