ホーム > mixiニュース > トレンド > NHKが縫製工場の外国人労働問題を特集、ネット上で名指しされた今治タオル企業が関係性を否定

NHKが縫製工場の外国人労働問題を特集、ネット上で名指しされた今治タオル企業が関係性を否定

0

2019年06月26日 14:42  Fashionsnap.com

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fashionsnap.com

写真オルネットの公式サイトより
オルネットの公式サイトより
 「森清タオル」を展開するオルネットは、NHKのドキュメンタリー番組「ノーナレ」の放送後から誹謗中傷や問い合わせが殺到する事態を受けて、公式サイトでコメントを発表した。

 ノーナレでは6月24日、今治タオルを扱う縫製工場で働く外国人技能実習生の劣悪な労働環境について紹介。番組放送後、SNSやまとめサイトなどでは実習生が働いている会社をオルネットおよび「森清タオル」と名指しし、同社を中傷する書き込みが広まる事態に発展した。
 オルネットは公式サイトで、関連会社を含め技能実習生の雇用を行っていない旨を説明し、番組内で紹介された企業との関係性を否定。特定要素とされた「森清タオル」の看板は数年前に撤去しており、旧工場跡地は賃貸物件として一般企業に提供しているという。
 NHK側も今回の事態受けて、「放送後、この番組で実習生が働いている会社として、特定の企業(森清タオル・オルネット)を中傷する内容がインターネットに書き込まれていますが、その企業は、当番組で取り上げた会社ではありません」と番組公式サイトやSNSなどでコメント。オルネットは、誹謗中傷の電話や問い合わせが多数寄せられ、事実無根の内容がまとめサイトなどで掲載されるなど業務への支障が生じているとし、中傷記事が訂正・削除されていない場合は法的措置を検討しているという。
【あわせて読みたい】「バオバオ」類似デザイン問題、イッセイ ミヤケの主張にハナアフ運営会社が反論
■オルネット:公式サイト

    あなたにおすすめ

    ニュース設定