ホーム > mixiニュース > エンタメ > 映画 > 吉岡里帆と高杉真宙が猟奇殺人犯に立ち向かう R15指定『見えない目撃者』特報映像公開

吉岡里帆と高杉真宙が猟奇殺人犯に立ち向かう R15指定『見えない目撃者』特報映像公開

0

2019年06月27日 18:02  リアルサウンド

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真『見えない目撃者』(c)2019「見えない目撃者」フィルムパートナーズ (c)MoonWatcher and N.E.W.
『見えない目撃者』(c)2019「見えない目撃者」フィルムパートナーズ (c)MoonWatcher and N.E.W.

 9月20日に全国公開される吉岡里帆主演映画『見えない目撃者』より、特報映像が公開された。


参考:高杉真宙、吉岡里帆主演映画『見えない目撃者』出演へ 「“想像しながら演じること”を大切に」


 本作は、2011年に韓国で230万人動員の大ヒットとなった韓国映画『ブラインド』を日本版としてリメイクしたノンストップ・スリラー。交通事故によって自らの視力を失うとともに最愛の弟を亡くし、さらには警察官の道までも絶たれた主人公の浜中なつめは、ある日、車の接触事故に遭遇する。その事故現場で車の中から聞こえた女性の声から誘拐事件が起きていると考え、聴覚、触覚、嗅覚などで感じた手がかりを駆使し事件を追う。やがてそれは「女子高生連続殺人事件」に発展。猟奇殺人犯は、真相に近づこうとするなつめの身にも迫っていく。


 主演の吉岡が演じるのは、悲しい過去を抱え葛藤しながらも、立ちはだかる障害や迫りくる危機に果敢に立ち向かう主人公・浜中なつめ。なつめの「人を救いたい」という熱意に感化され、彼女の“もう一つの目”となり事件に立ち向かっていくスケボー少年の春馬を高杉真宙が演じる。監督を務めるのは、『リトル・フォレスト』『重力ピエロ』の森淳一。


 この度、本作の初の映像素材となる特報映像が公開。暗闇に響き渡る「助けて!」という叫び声、何者かに引きずられていく少女の姿、そして猛スピードで迫り来る車といった事件のパーツが、まるで吉岡演じる目の見えない元女性警察官なつめの視点を体感させるかのように、断片的かつ緊張感とともに映し出されていく。「わたしは確かに女性の声を聞いたんです」と、事件を“目撃”したことを目が見えないながらに力強く訴えるなつめと、そんなひたむきな姿に感化され、事件解決に協力する高杉真宙演じるスケボー少年の春馬。最後は、目の見えないなつめに代わり、背後に迫る猟奇殺人犯の存在に気付いた春馬が「危ない!」と叫ぶシーンで締められる。


 なお本作は、その表現からR15指定となることも決定した。(リアルサウンド編集部)


    あなたにおすすめ

    ニュース設定