ホーム > mixiニュース > エンタメ > 映画 > アンタッチャブルの名悪役死去

『アンタッチャブル』名悪役ビリー・ドラゴさん死去 73歳

70

2019年06月27日 18:32  シネマトゥデイ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

シネマトゥデイ

写真『アンタッチャブル』のビリー・ドラゴさん ご冥福をお祈りいたします Paramount Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ
『アンタッチャブル』のビリー・ドラゴさん ご冥福をお祈りいたします Paramount Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

 映画『アンタッチャブル』(1987)の白いスーツの殺し屋役など、悪役として活躍した俳優のビリー・ドラゴさんが、現地時間24日にロサンゼルスで亡くなったと、 The Hollywood Reporter ほか各メディアが報じた。73歳だった。Varietyによると、死因は脳卒中に伴う合併症だという。


 ドラゴさんは1945年11月30日、カンザス州生まれ。1970年後半からテレビ映画などで本格的な活動をスタートし、クリント・イーストウッドの『ペイルライダー』(1985)、チャック・ノリスの『地獄のコマンド』 (1985)、『デルタフォース2』(1990)などに出演。『アンタッチャブル』では、アル・カポネ(ロバート・デ・ニーロ)の腹心フランク・ニッティを演じ、裁判所の屋上におけるエリオット・ネス(ケヴィン・コスナー)との攻防などで鮮烈な印象を残した。


 PEOPLE.comによると、映画・テレビへの出演は100作品以上に昇るといい、マイケル・ジャクソンさんのミュージックビデオ「You Rock My World」や、近年では『ヒルズ・ハブ・アイズ』(2006)などに出演。また、楳図かずおさんの代表作をアメリカで実写化した『漂流教室』(1995)や、川島なお美さん主演の『トウキョウ・ドール』(1997)、三池崇史監督の『インプリント 〜ぼっけえ、きょうてえ〜』(2005)など、日本に関連する作品にも複数参加した。息子のダーレン・E・バロウズさんも俳優として『人生は小説よりも奇なり』(2014)などに出演している。(編集部・入倉功一)


【関連情報】
映画『アンタッチャブル』フォトギャラリー
『ゴーストバスターズ』新作にシガーニー・ウィーヴァー出演!オリジナルキャスト集結か
「超音速攻撃ヘリ・エアーウルフ」ジャン=マイケル・ヴィンセントさん死去

このニュースに関するつぶやき

  • 美しい殺し屋さんだったよね。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • ザキヤマや柴田が死んだわけではない
    • イイネ!48
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(48件)

あなたにおすすめ

ニュース設定