ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > ホンダF1、2006年以来の1列目

ホンダF1が2006年以来のフロントロウ「フェルスタッペンが今季ベストの予選。ここから好結果を狙える」と田辺TD:オーストリアGP

26

2019年06月30日 08:01  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2019年F1第9戦オーストリアGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2019年F1第9戦オーストリアGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
 2019年F1オーストリアGPの土曜予選で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは3番手、ピエール・ガスリーは9番手だった。トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは18番手でQ1敗退、アレクサンダー・アルボンは13番手でQ2敗退に終わった。

 予選2番手のルイス・ハミルトンが、キミ・ライコネンのアタックを妨害したとして3グリッド降格のペナルティを受けたため、フェルスタッペンはフロントロウの2番グリッドに繰り上がることになった。ホンダがF1でフロントロウからスタートするのは2006年サンマリノGP以来のこと。

 金曜にアルボン車にスペック3のパワーユニット(PU/エンジン)を搭載したホンダは、土曜にさらに新しいエレメントを投入した。FIA発表では、ICE(5基目)、ターボチャージャー(4基目)、MGU-H(4基目)、MGU-K(4基目)が新たに入れられ、これはすべて制限基数を超えての交換となるため、ペナルティ対象になる。しかし金曜に確定していた後方グリッドからのスタートというペナルティに変わりはなく、アルボンには土曜時点で19番グリッドが与えられている。土曜の交換についてホンダは、エレメントをストックするための「戦略的理由」と説明している。

■ホンダF1テクニカルディレクター 田辺豊治
(フェルスタッペンの昇格決定前のコメント) 
 今日はこれまでの2レースと同様に、気温が上がった中での予選になりました。そのようなコンディションの中、フェルスタッペン選手が素晴らしいパフォーマンスでモナコと並ぶ今季予選ベストリザルトとなる3番グリッドを獲得しました。明日の決勝に向けていいポジションだと思っています。

 レッドブル・トロロッソ・ホンダについては、クビアト選手が不運な形でQ2進出を逃したことは残念です(注:アタック中にトラフィックに遭いタイムを失った。ジョージ・ラッセルはクビアトを妨害したとしてペナルティを受けた)。スペック3投入のペナルティでグリッド後方からのスタートになるアルボン選手と揃って、確実にポジションを上げていくレース展開になることを期待します。

 明日はさらに気温が上がりドライバーにとってもタフなコンディションになりますが、レッドブルのホームグランプリでいい結果を得られるよう準備を続けます。

このニュースに関するつぶやき

  • 出来れば実力でフロントローを…と言いたいけどまだ無理だろうな。ともあれベストを尽くしてほしいと願います。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • ここからが正念場だ
    • イイネ!12
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(11件)

あなたにおすすめ

ニュース設定