ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 闇営業問題に怯える”人気お笑いタレントX”とは?「プライベートでも幸せなことがあったばかり」

闇営業問題に怯える”人気お笑いタレントX”とは?「プライベートでも幸せなことがあったばかり」

5

2019年07月07日 09:02  日刊サイゾー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊サイゾー

写真入江慎也
入江慎也

 お笑い界を襲った闇営業問題が波紋を広げている。

 雨上がり決死隊・宮迫博之やロンドンブーツ1号2号・田村亮らが、カラテカ・入江慎也の仲介のもと、特殊詐欺グループの忘年会に参加。

 当初「ノーギャラだった」と主張していたが、その後前言撤回し、無期限活動休止処分となった。テレビ関係者が語る。

「お笑い界は蜂の巣をつついたような大騒ぎです。食うに困って”直営業”していた人は多いですからね。いまごろになって仲介者に電話して『あれは大丈夫ですかね?』と確認を取る吉本芸人が続出しています」

 戦々恐々としているのは、なにも吉本芸人だけではない。”元凶”となった入江は事務所の垣根を超え、多くの芸人たちと繋がっていた。そのなかの非吉本芸人Xに疑惑の目が向けられているという。前出のテレビ関係者が続ける。

「Xは知名度こそあれ、しばらくは芽が出なかった。そのころよくつるんでいたのが、入江です。Xが凄いのは、入江にくっついて直営業をもらうのではなく、入江のやり方を盗んで、自分も人脈を広げていったこと。そのなかには、謎の投資話や仮想通貨で荒稼ぎする素性のわからない怪しい人物も多かったようです」

 Xはそうしたグループの開くパーティーやイベントに”ゲスト枠”で参加し「もろもろゴチになっていた」(同)という。

 その後、弁が立つXは芸人としてよりも、タレントとして開花。現在は複数の番組でメインを張る売れっ子となった。

「それでも過去は消すことができない。今回の闇営業問題の広がりを見て、いちばん怯えているのはXですよ。プライベートでも幸せなことがあったばかりですからね」(お笑い関係者)

 テレビ局は”第2の宮迫”を警戒し、売れっ子芸人たちの身辺調査を強化している。Xが知らぬ間に”見なくなった”とならなければいいのだが……。

このニュースに関するつぶやき

  • やっぱり絵は描かれてたんですね 女優としても最近は衰退してましたからね 話題作りで返り咲き それに映画 主役じゃ無かったですしね なんて おやじの予想外れれば良いですけど・・・
    • イイネ!0
    • コメント 6件
  • まさか山ちゃんなのではありませんよね?
    • イイネ!13
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(3件)

あなたにおすすめ

ニュース設定