ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 大泉洋『ノーサイド・ゲーム』初回13.5%の好発進も、”重厚感ゼロ”のキャストで先行き不安だらけ

大泉洋『ノーサイド・ゲーム』初回13.5%の好発進も、”重厚感ゼロ”のキャストで先行き不安だらけ

2

2019年07月10日 21:03  日刊サイゾー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊サイゾー

写真大泉洋
大泉洋

 大泉洋が主演するTBS日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』(日曜午後9時〜)が7日に放送開始。初回は13.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で好発進したものの、あまりの重厚感のなさで今後に大きな不安を抱えることになった。

 同ドラマは、人気作家・池井戸潤氏の新作同名小説が原作。主人公の君嶋隼人(大泉)は、大手自動車メーカー「トキワ自動車」の中堅サラリーマン(経営戦略室次長)で、出世レースの先頭に立ち、幹部候補とまでいわれていたが、上司である滝川桂一郎・常務取締役営業本部長が主導する企業買収に異を唱えた結果、左遷人事で府中工場に総務部長として飛ばされる。

 同職では、同社のラグビーチーム「アストロズ」のGMを兼務することが慣例となっていた。かつては強豪チームだったアストロズだが、今は成績不振にあえいでいた。出世の道を絶たれた君嶋が、低迷するラグビー部の再建を課され、再起を懸けた戦いを描いた作品だ。

 池井戸氏とTBS日曜劇場がタッグを組んだ作品は、これまで『半沢直樹』(2013年、堺雅人主演)、『ルーズヴェルト・ゲーム』(14年、唐沢寿明主演)、『下町ロケット』(15年、阿部寛主演)、『陸王』(17年、役所広司主演)、『下町ロケット2』(18年、阿部主演)と5作が放送され、いずれも高視聴率をマークしてきた。TBSにとって、池井戸氏はまさにヒットメーカーといえるありがたい存在だ。

 前作の『下町ロケット2』初回が13.9%だったことを思えば、『ノーサイド・ゲーム』初回の13.5%はかなり健闘した数字といえそうだが、問題はこの先だ。

「これまでの池井戸氏の作品と明らかに違うのは、主演を含めたメインキャストのランクが一枚も二枚も落ちていることです。大泉の演技力がどうこうではなく、堺を始めとした、過去の池井戸作品の主役と比べると、格落ちします。大泉のワキを固めるキャストは、松たか子、上川隆也、西郷輝彦、大谷亮平、渡辺裕之、中村芝翫、高橋光臣、眞栄田郷敦、阿部純子といった面々ですが、これまた過去の池井戸作品より、かなり弱く、重厚感がない。TBSにとっては看板ドラマ枠ですが、この面子では、視聴率的にも苦戦しそうな雰囲気が漂ってきます。それに大泉はバラエティ色が強いので、池井戸作品、日曜劇場にはフィットしない印象も。池井戸作品はブランドでもありますから、さすがに1ケタというのはないでしょうが、これまでのような高視聴率をマークするのは厳しいかもしれませんね」(テレビ誌関係者)

 せっかくの池井戸作品なのに、『ノーサイド・ゲーム』は“経費削減”状態で臨むことになったが、日曜劇場では、10月期には木村拓哉が天才シェフ役を演じるドラマ(タイトル未定)をオンエアする。木村の主演ドラマはなにかとコストがかかってしまうのが定番だ。そのために、7月期は“ローコスト”でいくということなのか。実にもったいない気もするのだが……。

このニュースに関するつぶやき

  • 失礼な記事だなw洋ちゃん頑張って〜君には演技力がある!
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定