ホーム > mixiニュース > エンタメ > 映画 > 松岡茉優、『万引き家族』の演技が地上波ノーカット放送で、お茶の間に”気まずい空気”の危機!

松岡茉優、『万引き家族』の演技が地上波ノーカット放送で、お茶の間に”気まずい空気”の危機!

3

2019年07月11日 01:02  日刊サイゾー

  • 限定公開( 3 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊サイゾー

写真松岡茉優
松岡茉優

 本当にノーカットで大丈夫?

 7月20日のフジテレビ土曜プレミアムにて、「第42回日本アカデミー賞」で最優秀作品賞など8冠に輝いた是枝裕和監督の『万引き家族』が、本編ノーカットで地上波初放送されることがわかった。

「同作は、昨年の『第71回カンヌ国際映画祭』で最高賞の『パルムドール』を受賞。『第91回アカデミー賞』の『外国語映画部門賞』にもノミネートされるなど、国内外で高評価を受けています。4月にDVDが発売されたばかりですが、是枝監督の新作映画が秋に公開予定となっていることから、その宣伝を兼ねて放送が決定したのでしょう」(映画ライター)

 その『万引き家族』の出演を機に、女優として大きくステップアップしたのが松岡茉優だ。中でも注目を浴びたのが彼女の「艶技」だった。

「海水浴のシーンではカラダを強調するような水着姿を披露しています。彼女のカラダには、共演したリリー・フランキーも『平成の名シーンでしたよ! 意外と(胸が)あるなと思った』と大絶賛したほど。その魅惑的な双丘目当てに、劇場を訪れた人も多かった」(映画ライター)

 そして、もう一つの見どころが、“夜の仕事”のシーン。映画の出演が決まった際に、松岡が役作りのため、東京・下町にある『制服コスプレ見学クラブ』に潜入を試みたというのは有名な話だ。

「松岡は本編で、服を脱いでアンダーウェアを見せるだけでなく、みずから太ももを露出。スカートのままM字開脚で腰を前後に動かすなど、際どいシーンに挑んでいます。映画のレビューでは『刺激的過ぎます』という書き込みで溢れたほどで、そんな艶シーンがノーカットでお茶の間に流れれば、家族で観ている人は気まずい空気に直面してしまうのではないでしょうか」(前出・映画ライター)

 本作は、PG12(12歳未満の鑑賞には、保護者の同伴が適当)指定がされていたことも付け加えておこう。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定