ホーム > mixiニュース > エンタメ > 音楽 > SKY-HIが聞く! バイリンガルラッパー・MIYACHI「アメリカ人でも日本語を聴いて『カッコいいな』と思う人はいる」

SKY-HIが聞く! バイリンガルラッパー・MIYACHI「アメリカ人でも日本語を聴いて『カッコいいな』と思う人はいる」

0

2019年07月19日 17:40  J-WAVE NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

J-WAVE NEWS

写真写真
J-WAVEで放送中の番組『ACROSS THE SKY』(ナビゲーター:玄理)のワンコーナー「IMASIA」。ラッパーのSKY-HIが、ラップミュージックを通じてアジアについてトークを展開。7月14日(日)のオンエアでは、ニューヨーク在住で日本をルーツに持つバイリンガルラッパー・MIYACHIさんとSKY-HIの対談の様子をお届けしました。


■Spotifyの「Japan Viral 50」で1位を獲得

MIYACHIさんは、昨年リリースした自身の楽曲『WAKARIMASEN』がSpotifyの「Japan Viral 50」で1位を獲得したことでも話題になりました。7月3日には、その『WAKARIMASEN』も収録したデビューアルバム『WAKARIMASEN』をリリースしました。

SKY-HI:『WAKARIMASEN』では、最初のバースで英語がわからない人を装って最後のバースでめちゃめちゃ英語でラップしますが、アイデア前提で作ったものですか?
MIYACHI:半分はふざけて、残りの部分は深い意味です。アメリカ生まれアメリカ育ちだけど日本のプライドを持っているから、「日本に戻れて色々ビジネスができて英語を忘れてる」みたいな感じです。
SKY-HI:アルバム『WAKARIMASEN』の後半とか、パーソナルだったりフィロソフィーの感じとかすごいあるけど、それをデカイことじゃなくて日常のなかで書いてるのが「すげえな。ラッパーだな」と思って、ものすごいフィールしたんです。

日本のリスナー向けに曲を作り始めたきっかけはあったのでしょうか。

MIYACHI:最初にビートジャックの曲が日本で人気になって日本に戻ってきてライブができて、そこから作り始めました。
SKY-HI:アルバムにはJay Parkが参加していたりするけど、アジアのシーンはチェックしてますか?
MIYACHI:チェックしてます。いい音楽を作りたいから、それを狙っていいアーティストとコラボレーションしています。
SKY-HI:他に気になっているアジア圏のアーティストはいますか?
MIYACHI:インドネシアのRamengvrlっていうラッパーがいるんですけど、あの娘は超カッコいいと思います。韓国も上手いラッパーがいると思うし、中国も面白いと思います。


■日本をルーツに持つプライド

SKY-HIは、MIYACHIさんには日本をルーツに持つことへのプライドを感じると言います。そして、そのプライドがどこで芽生えたのかを訊きました。

MIYACHI:子どもの頃は行ったり来たりして、アメリカに住んでいるアジア人としてはアイデンティティに困るときもあったし、アメリカで住んでいてマイノリティとして問題とかイジメとかもあるので、大人になってもプライドを持っていることはいいことだと思います。そのメッセージを同じような境遇の若い子に教えたいと思います。他のハーフの人が安心したりインスパイアされたり、「プライドがあってもいいよ」ということが伝わればいいですね。
SKY-HI:曲で全部英語のときと日本語と混ぜるときと、日本語が多めのときがありますけど、日本語でフロウしたときに「日本語だから面白いな」という瞬間はあったりしますか?
MIYACHI:ありますね。アメリカ人でも日本語を聴いて「カッコいいな」と思う人はいます。
SKY-HI:KOHHのライブでも英語圏の人が日本語を大合唱していてすごい衝撃を受けたことがあるけど、発音や響きの力なんだろうね。

アルバム『WAKARIMASEN』に収録されている、Jay Parkが参加した楽曲『MESSIN』のミュージックビデオが公開中。ぜひチェックしてみてください!

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『ACROSS THE SKY』
放送日時:毎週日曜 9時-12時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/acrossthesky/

    あなたにおすすめ

    ニュース設定