ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 宮迫博之、契約解消を正式発表……吉本興業の“最後の温情”を本人が拒否していた?

宮迫博之、契約解消を正式発表……吉本興業の“最後の温情”を本人が拒否していた?

1

2019年07月20日 15:02  サイゾーウーマン

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サイゾーウーマン

写真この笑顔をテレビで見る日はもうない?
この笑顔をテレビで見る日はもうない?

 7月19日、振り込め詐欺グループへの“闇営業”問題で謹慎中だったお笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之が、所属事務所の吉本興業より“契約解消”されたことが発表された。同日発売の「フライデー」(講談社)では、宮迫が反社会的勢力から現金を受け取っていたとする記事も掲載されたため、一部メディア関係者の間では「引退もあり得る」とささやかれていたが、現実のものとなった。

 吉本は「宮迫とのマネジメントの継続に重大な支障が生じた」として、契約解消に至った経緯を公式発表。この「重大な支障」とは、発覚当初、宮迫が反社会的勢力から「金銭を受け取っていない」とウソの説明をしたことだとみられている。また、吉本が会見の予定は「ありません」としたことや宮迫本人によるコメントが掲載されていない点から、「宮迫に対する吉本サイドの厳しいスタンスがうかがえる」(スポーツ紙記者)との指摘もある。

「宮迫は、闇営業を共に行っていたと報道された元カラテカ・入江慎也やロンドンブーツ1号2号・田村亮らに対し、『ギャラは受け取っていないことにしよう』と、口裏合わせを要求したようです。先輩である宮迫の指示に逆らうことができなかったため、彼らは吉本に対してウソの説明をし、それが世間に公表されることになってしまいました。また宮迫はダウンタウン・松本人志ら、吉本の大物芸人にも、同様の釈明を行っていたといいます。これでは、吉本から愛想をつかされても致し方ありません」(同)

 騒動当初から、宮迫は「謝罪会見を開きたい」と訴えていたそうだが、それがかなわなかったところを見るに、「吉本は、宮迫が多くの人を巻き込み保身に走った点を重く見て、『そうやすやすと、世間への謝罪と許しを請う場を与えるわけにはいかない』と考えたのかもしれません」(同)という。

「しかし、その裏で、宮迫は自ら公の場に立つことを拒否したというウワサも浮上しています。当初は会見に難色を示していた吉本サイドですが、事態が深刻化する中で、宮迫、また亮にも会見の場を準備しだしていたものの、本人たちが拒絶した……と。吉本による“最後の温情”とみられる会見を拒否したとなれば、会社に対して反旗を翻す行為と受け取られても仕方ないでしょう」(広告代理店関係者)

 ネット上では契約解消という処分について、少なからず「ここまでしなくても」という声も出ている。しかし、もはや詐欺グループへの闇営業という話だけには収まらず、これまでのウソや内部で見せた態度などが重なり、宮迫は信用を失ってしまったのだろう。果たして今後、宮迫から情報発信が行われることはあるのだろうか。

このニュースに関するつぶやき

  • 最初からこれだけギャラもらいました。すみませんとコメントしておけば良かったですね。
    • イイネ!18
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定