ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 竹内愛紗、初主演ドラマで女子高校生役「悩みがリアルに描かれている」

竹内愛紗、初主演ドラマで女子高校生役「悩みがリアルに描かれている」

0

2019年07月22日 07:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真ドラマ『アスタリスクの恋』で初めて主演を務める竹内愛紗
ドラマ『アスタリスクの恋』で初めて主演を務める竹内愛紗
 女優の竹内愛紗(17)が、今月30日よりスタートするツイッタードラマ(ツイッター限定の短時間ドラマ)『アスタリスクの恋』(全9話)で、自身初の主演を果たすことがわかった。

【写真】松風理咲・竹内愛紗・長見玲亜、ソロ写真集カット

 事務所にスカウトされ15歳で地元の福島から上京してデビューした竹内。「FOD」配信ドラマドラマ『高嶺と花』のヒロインを演じ、日本テレビ系『俺のスカート、どこ行った?』では女神と称賛された女子高生役に起用されるなど、目覚ましい活躍を続けている。

 今作は“アルバイト”をテーマに、高校生たちが将来や恋愛について、悩み葛藤しながらも明るく前に進んでいく姿を描いたSNS青春ドラマ。少女から大人への階段を駆け上る女子高生・岸本結衣の揺れ動く繊細な心の動きを、現役女子高生の竹内が等身大の姿で演じる。

 竹内は「このドラマの1番の見どころは、高校生なりの悩みなどがリアルに描かれているところです。私も今、高校3年生なので、すごく結衣ちゃんの気持ちがわかりました。でも、それだけではなく、お母さんからの目線や、周りの友達の気持ちも全てに共感できると思います」とコメント。

 続けて「また1番難しかったのは、劇中に『星の王子さま』の本が登場してくるところがあり、結衣ちゃんはその本をとても大切にしている女の子なのですが、それをどう大事にしているのか、捉え方がたくさんあり、悩みました。監督と相談したり、私自身で考えたりしたので『星の王子さま』の本のセリフの演技をぜひ注目して見てほしいです!」と自身の出来栄えにも太鼓判を押している。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定