ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > アストンマーティン、最先端F1技術を投入した世界限定500台のハイパーカー『ヴァルハラ』を日本初披露

アストンマーティン、最先端F1技術を投入した世界限定500台のハイパーカー『ヴァルハラ』を日本初披露

2

2019年07月22日 15:51  AUTOSPORT web

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真アストンマーティン・ヴァルハラのフロントチンスポイーラは、まるでF1のフロントウイングのような処理がなされている。
アストンマーティン・ヴァルハラのフロントチンスポイーラは、まるでF1のフロントウイングのような処理がなされている。
 アストンマーティンは7月22日、新型ミッドエンジンハイパーカー『ヴァルハラ(VALHALLA)』を、東京のアストンマーティン青山ハウスにて国内初披露した。コードネーム“003”として開発がスタートした同車は世界限定500台で、2021年末からデリバリーが開始される予定だ。

 ヴァルハラはハイパフォーマンスロードカーのヴァルキリー、ヴァルキリーAMR Proに次ぐ、アストンマーティン第3弾のミッドエンジンハイパーカー。今回もレッドブル・アドバンスドテクノロジー社と、レッドブル・レーシングのデザイナーで“空力の鬼才”の異名を持つエイドリアン・ニューウェイとの共同開発が行われている。

 アストンマーティンの伝統である“V”の頭文字を冠するヴァルハラは、カーボンファイバー構造のボディを採用し、徹底的な軽量化が図られた。また、そのエアロダイナミクスなどには最先端のF1テクノロジーが反映されており、特徴的なフロントチンスポイラーや大型のリヤディフューザーなどにより、公道走行可能なクルマとしては最高レベルのダウンフォースを発生する。

 パワートレインはV6ガソリンターボエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドを搭載。また、サーキット専用モデルのヴァルカンに採用され、ニュルブルクリンク24時間レースなどで性能を証明してきたシーリングオイルシステム“ネクセル”も装着される。このシステムを搭載した公道走行可能な市販車はヴァルハラが世界初となる。
 
■スタイリングとエアロダイナミクスは基本的にヴァルキリーと共有ながら、コンセプトは独自路線

 エクステリアはヴァルキリーの空力要素を受け継ぎながら、他のハイパーカーとは一線を画したデザインが取り入れられた。

 イギリスの老舗ブランドは、NASAによって検証されている最先端の航空宇宙技術“モーフィングテクノロジー”を最新ハイパーカーの開発に応用したという。これは“Flex Foil”と呼ばれる、次世代航空機の翼全体を滑らかに変形させながら飛行する技術で、アストンマーティンは自動車メーカーとして初めて、このテクノロジーを採用した。

 アストンマーティンのデザイン・ディレクター、マイルス・ナンバーワンは「ヴァルハラはヴァルキリーの影響を強く受けているが、独自のクルマである」と語る。

「開発にあたり、アストンマーティンの血統を正統に継承しながら、ヴァルキリーのエッセンスをさらに色濃く抽出することに注力し、革新的なデザインを追求したんだ」

■スパイ映画『007』シリーズ最新作への登場が決定

 また、ヴァルハラは公道走行に適したクルマであることをコンセプトに、利便性や快適性の向上を目指して開発されている。特徴のひとつは前方へ開くLMP1スタイルのドアを備えること。ルーフセクションもドアと一緒に移動するため、乗り降りが容易になっている。

 コクピットは、ドライバーの背中の中心とステアリングホイール、ペダル類の中心が整列したデザインに。センターコンソールの幅が広げられたことで運転席と助手席の間隔が拡大し、ヴァルキリーに比べると室内のゆとりが増している。
 
 ステアリングコラムに備え付けられたディスプレイは視認性も良く、インフォテイメントシステムはカスタマー自身のスマートフォンを利用するテクノロジーが採用された。

 ヴァルハラは2020年4月公開予定の『007』シリーズ第25作目に、アストンマーティンV8バンテージや“ボンドカー”として知られるDB5とともに起用される予定。アストンマーティンジャパンリミテッドの寺嶋正一マネージングディレクターは「ヴァルハラがどのような形で映画に登場するかは明らかになっていないが、楽しみにしてほしい」とコメントした。

 北欧神話において“戦士の楽園”を意味する名を与えられたアストンマーティン・ヴァルハラ。世界500台の限定生産となる同モデルのデリバリーは2021年末から開始となる予定だ。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定