ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 吉本、ギャラ9対1疑惑は否定

吉本興業、契約問題に言及 “ギャラ9対1”疑惑は否定

81

2019年07月22日 16:49  モデルプレス

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

モデルプレス

写真岡本昭彦社長 (C)モデルプレス
岡本昭彦社長 (C)モデルプレス
【モデルプレス=2019/07/22】吉本興業・岡本昭彦社長が22日、特殊詐欺グループとされる反社会的勢力主催の会合へ出席して金銭を受け取るなどした“闇営業”問題を巡り、都内で会見を行った。

【宮迫博之・田村亮、謝罪会見】松本人志の「男気」に感動の声「お前の番組枠は俺がノーギャラで出るから」

◆吉本興業、契約問題に言及

同事務所の契約の方法について問題視されていることについて、口頭契約は「基本的には変わりません」と回答した上で、「タレントそれぞれの話の中で、どういう形を彼らも望むかを聞く。新たに取り組んでいこうと思っています」と今後見直していく意向を説明。

ギャラについては「安い等々言われたりしておりますけれども会社が9でタレントが1とかそういうことはまったくなく、ざっくりした平均値で言っても5対5から6対4」と現状の割合を明かし、「もちろん人によりますし、もちろん安い子がいることも事実ですけれども、一方で自社の劇場ではNSC出たての子とかが500円のイベントとかに出て色んな機材費やなんとか費含め何百円ということもあると思います。それも仕事の環境、機会を作っていくということを目指していく中で、彼らの夢の実現と収入を含め上げていければと考えております」と補足するにとどまった。

◆宮迫博之が契約解消に

宮迫らは先月7日、“闇営業”と呼ばれる会社を通さない営業案件として、特殊詐欺グループとされる反社会的勢力主催の会合へ参加していたことが報じられた。

吉本は該当芸人へのヒアリングの結果、会合への参加により一定の金銭を受領していたことが認められたとし、宮迫らを当面の間、活動停止の謹慎処分に。今月19日には宮迫とのマネジメント契約解消を発表した。

20日、宮迫と田村がそろって謝罪会見を行い、会社側との意見の相違を明かした。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

このニュースに関するつぶやき

  • 派遣は73か64で持ってかれてるけどね?(もちろんデカイ方を)
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 闇営業しなきゃあ食えない環境なのは確かなことね
    • イイネ!39
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(59件)

あなたにおすすめ

ニュース設定