ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 高良健吾、東京五輪を陰で支えた夢食堂の料理人に!日本人の誇る“おもてなし”の原点を描く

高良健吾、東京五輪を陰で支えた夢食堂の料理人に!日本人の誇る“おもてなし”の原点を描く

0

2019年07月23日 05:11  テレビドガッチ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

テレビドガッチ

高良健吾が主演を務める『特集ドラマ 夢食堂の料理人 〜1964東京オリンピック選手村物語〜』(NHK総合)が、7月23日(火)19時30分から放送される。

同ドラマは、1964年オリンピック選手村を舞台に、東京五輪を陰で支えた若者たちにスポットをあてたもうひとつのオリンピック物語。料理人たちの情熱と、選手村での国を越えた交流を通して、日本人の誇る“おもてなし”の原点を描く。

高良のほかに、松本穂香、宮舘涼太、渋谷謙人、小平大智、迫田孝也、岸井ゆきの、村松利史、黒田大輔、須藤理彩、徳光和夫、市川猿之助が出演する。

東京オリンピックの選手村食堂には、7000人の選手団のために日本中から300人の料理人が集められた。秋田に住む三郎(高良)も地元の期待を背負って選手村食堂へ派遣され、西洋料理のみならず見たこともない各国の料理や選手たちの注文と格闘。トラブルを乗り越えながら、選手たちへの真心こめたおもてなしに挑んでいく。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定