ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > お盆飾りの意味知ってる?ご先祖様をお迎えするお盆・初盆の風習とは

お盆飾りの意味知ってる?ご先祖様をお迎えするお盆・初盆の風習とは

0

2019年07月26日 12:10  mamagirl

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

mamagirl

写真掲載:mamagirl
掲載:mamagirl

お盆の飾りには、それぞれご先祖様への想いが込められています。


■お盆飾りの種類や意味 とは
お盆とは、亡くなったご先祖様の霊を祀(まつ)る8月の行事です。お盆飾りはご先祖様を迎えるための供えものです。飾りはそれぞれが意味を持っています。

【詳細】他の写真はこちら


・お盆飾りそれぞれの意味や名前
お盆飾りにはホウヅキ、キュウリの精霊馬、ナスの精霊牛、生花、水の子、そうめん、夏野菜や旬の果実を使います。

出典:photoAC

赤く鮮やかなホウヅキ。中は空洞で丸い実が一つ入っています。 ホウヅキは赤い灯火や提灯に見立てて家の玄関に飾るようです。ご先祖様が迷わないよう、「ホウヅキの提灯を目印にしてください」という意味が込められています。



出典:@ usakame.0613さん

キュウリの精霊馬は、ご先祖様がやってくるための乗りもので、「馬に乗って早くきてください」という気持ちが込められています。@usakame0613さんの精霊馬は立派な手足と耳を持っていて、ご先祖様にも喜ばれそうです♡



出典:@ kohmayさん

精霊牛はご先祖様が帰っていくときの乗りものを意味します。「景色でも見ながら、ゆっくり楽しい帰路につけますように」という思いで馬ではなく牛を使うようです。ナスの牛は丸みのある後ろ姿に優しさが感じられます♡ 精霊馬や精霊牛に名前をつけると一層愛着が湧きそうですね!



出典:photoAC

そして、仏間に生ける生花にはミソハギの花を用います。ミソハギには浄化という意味があり、ご先祖様が墓を不在にする間、その地を浄化し悪霊などをはねのけるとされています。



出典:@ satoken.529さん

水の子は、写真のようにハスの葉に食べものをのせた供えものです。みじん切りしたナスとキュウリ、米を混ぜ、水に浸して葉に盛りつけます。こちらは無縁仏への供えもので、先祖だけでなく、すべての霊魂を祀るための飾りです。昔の人の優しい気持ちが表れていますね♡



出典:photoAC

そうめんには「細く長く幸せに過ごせるように」という意味が込められています。



出典:photoAC

夏の野菜やくだものは、ご先祖様へ供えるごちそうです。供えるものに厳し決まりはなく、ご先祖様のもてなしの気持ちで用意しておくとよいでしょう。 そのほかご先祖様へのお供え物として、生前好きだったお酒やたばこなどの嗜好品をお供えする家庭もありますが、浄土宗では教えにより嗜好品をお供えするのはNGとされるようです。

■お盆飾りはいつから?飾りつけから片付けまで
お盆飾りを準備するにしても、飾る時期や飾り方、片付け方がわからないと不安ですよね。

出典:photoAC

お盆飾りを飾るのは8月13日から16日です。8月12日は盆迎えといわれ、この日はお盆飾りを飾るための盆棚を清めておきましょう。

・飾り方は?セットで買うと買い忘れがなくて安心
お盆飾りは地域や家庭によっても習わしが違いますので、ご家庭にあった飾りつけがベストです。 一般的には、仏間の前に盆棚を用意することがほとんど。盆棚は小さな机にゴザを敷いたものを使うとよいでしょう。その上に精霊馬や生花などを飾ります。ホウヅキは仏間ではなく玄関先に飾る地方もあるようです。 盆飾りはセット販売もされています。最近ではレパートリーも増え、生野菜、生花を使った飾り以外にも、ちりめん細工や毛糸のお盆飾りも増えてきています。

・仏事に使ったものは片付け方が気になる!
お盆にお供えした飾りは、ちりめん細工などの工芸品であればきちんと箱などにしまって来年以降も使用して大丈夫なようです。生ものに関しては、できるだけおいしく食べてしまいましょう。お花なども普通に処分するのは好ましくないかも。お焚き上げをしてもらうか、土に埋めることが望ましいです。

■新盆の場合はいつもと違う準備が必要

出典:photoAC

故人がなくなってから初めて迎えるお盆が初盆です。初盆では普段のお盆とは違ったしきたりがあります。 初盆では普段の家族だけで過ごすお盆とは違い、住職を招いてお経を読んでもらい、きちんと法要を行います。そのため、マナーや服装にも注意が必要です。

・新盆の時期は普通のお盆と同じ
初盆は普段通り8月13日〜16日です。ただし、地域によっては7月に行うこともあります。

・服装はフォーマル・控えめな格好がベター
初盆はきちんと法要を執り行いますから、特に指定がなければ喪服をおすすめします。 ただ、家庭によって考え方に差が出てくるところではあるので、事前に主催側に確認しておくのが◎平服でもよいと言われた場合には、Tシャツなどの普段着ではなく、黒をベースとしたフォーマルな服装がよいようです。

・新盆の盆飾りに違いはある?
お盆には、色のある絵柄が描かれた盆提灯を飾りますが、初盆での提灯は白提灯を使います。提灯はご先祖様の冥福を祈る気持ちや感謝の意を込めて飾られるようです。盆提灯は複数を仏間の周りに飾りますが、初盆飾りの白提灯は1つでOKです。 新盆の祭壇の飾り方は、画像や親族のアドバイスを参考にするのもおすすめですよ。

・初盆の一般的な流れ



出典:photoAC

初盆の執り行い方は家庭によっても異なると思いますが、一般的な流れは以下の通りです。 (1)8/13夕方:麻がらを焚き上げて迎え火の儀式 (2)8/14・15:お墓参り (3)自宅で僧侶が読経を行い、会食 (4)8/16夕方:先祖を送り返すための送り火の儀式

・お坊さんへの連絡はお早めに!
お盆の期間はそう長くないため、お坊さんの予定はあっという間に埋まってしまいます! そのため、初盆の準備では日程が決まったらお坊さんの手配が最優先です。

■家族で楽しくお盆の支度をしたいですね☆
お盆とお正月は日本の伝統的で主力になっているイベント。伝統を受け継いでいけるよう、子どもと一緒に支度するのもいいですね!今年のお盆はお盆飾りでご先祖様に感謝の気持ちを伝えましょう。皆さんもご準備頑張ってください☆

    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定