ホーム > mixiニュース > エンタメ > 音楽 > 【ライブ音源アリ】Tempalay、雄叫びから始まったフジロック! 「あっという間でした」

【ライブ音源アリ】Tempalay、雄叫びから始まったフジロック! 「あっという間でした」

0

2019年08月05日 14:10  J-WAVE NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

J-WAVE NEWS

写真写真
J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)のワンコーナー「SONAR TRAX」。7月30日(火)のオンエアでは、7月26日(金)から28日(日)にかけて開催されたフジロックに出演したTempalayのインタビューをお届けした。


■雄叫びから始まった1曲目『のめりこめ、震えろ。』

Tempalayは、2017年2月に『Austin Town』、そして最新アルバム『21世紀より愛を込めて』から『のめりこめ、震えろ。』がSONAR TRAXに選ばれている。2015年のROOKIE A GO GOでフジロック初出演を果たしたTempalay。2年前はメンバーの小原綾斗が当日にワクワクしすぎて転倒し、指を骨折するという衝撃的な出来事を経験。そのときは、ドミコやMONO NO AWAREのメンバーにサポートしてもらい、苗場食堂のステージを無事に終えることができた。

まさに、その2年前のリベンジも兼ねた3度目のフジロック。今年は2日目にRED MARQUEEに登場し、オーディエンスを大いに沸かせた。番組ディレクターのきむねぇが、今年のステージをこのように振り返る。

きむねぇ:冒頭の音楽や映像からかなりTempalayらしい登場で、1曲目の『のめりこめ、震えろ。』は雄叫びから始まりました。1音目からお客さんのボルテージを一気に上げてくれました。もう、勢いがRED MARQUEEから突き抜けてた! サイケで勢いのあるライブでこのままガーっといくのかと思いきや、途中でベースのトラブルもあったり……。 でも、それすらもなんかワクワクしてしまうほど、一筋縄ではいかない今日だけのライブって感じが、Tempalayらしさにもなっていたのかなぁなんて思いました。


■興奮冷めやらぬ、ライブ直後のTempalayに突撃インタビュー

オンエアではライブ直後のTempalayにインタビューした模様を紹介。

きむねぇ:ずばり、今日のライブはどうでしたか?
小原:(途中トラブルがあり)全曲あえてやらなかったです(笑)!
AAAMYYY:めっちゃ気持ち良かったです。
藤本:あっという間でしたね。またすぐやりたいですね。


きむねぇ:2年前の骨折が思い浮かぶようなMCもありましたけど、リベンジは出来ましたか?
小原:出来ましたかね。でもまた忘れ物一個できた感じですね。
AAAMYYY:ああ〜、トラブルがね。
小原:次のホワイトなのか、グリーンなのか、はたまたヘブンかに置いておきたいなと。


きむねぇ:お客さんとしてフジロック楽しんでますか?
小原:正直ちょっと緊張してたので、あまり楽しめてなかったですね。昨日寝る前に色々考えちゃってあまり寝れなくて……。緊張というかワクワクですかね。なので今からめちゃめちゃ楽しもうかなと。

きむねぇ:最後に『SONAR MUSIC』を聴いてるリスナーに一言お願いします。
藤本:いっぱい聴いて、ライブにも遊びに来てね〜!
小原:フジロックありがとう!
AAAMYYY:ありがとう〜!

番組では、Tempalayの『のめりこめ、震えろ。』を、フジロック2019ライブバージョンでオンエア。

曲を聴いたあっこゴリラは「Tempalayのライブ何回か観たことあるけど、綾斗くんの雄叫び聴いたことないや。すごい気合入ってるときに出るのかな。今回もちょっとトラブルがあったってことで……でも、フジに毎回忘れ物があるということは、逆にいうと取りに戻れるってことですからね。プラスに考えたらいいことですよね」とコメントした。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ『radiko.jpプレミアム』(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は『radiko.jpタイムフリー』機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時−24時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

    あなたにおすすめ

    ニュース設定