ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 樋口日奈(乃木坂46)、巨乳際立つ“聖母ショット”にファン歓喜 「クソおしゃべりもやし野郎」に興奮の声も

樋口日奈(乃木坂46)、巨乳際立つ“聖母ショット”にファン歓喜 「クソおしゃべりもやし野郎」に興奮の声も

2

2019年08月07日 12:01  おたぽる

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

おたぽる

写真乃木坂46・樋口日奈公式ブログより
乃木坂46・樋口日奈公式ブログより

 7月26日、人気アイドルグループ・乃木坂46の“ひなちま”こと樋口日奈が、「愛しの姪っ子ちゃんに会いに行きました」と書き込み、乳幼児を抱きしめて眠る写真を自身のブログにアップ。「まさに聖母」「こんな美人な叔母さんがいるなんて羨ましすぎる」などとファンの注目を集めた。


「樋口は今年の5月以降、愛おしそうな表情で姪の顔を覗き込む写真をアップしていましたが、今回は密着感ある姿を披露。グループ内でトップクラスといわれる巨乳ぶりが際立つTシャツ姿ということもあり、『母性が溢れ出てる』『こんな胸に抱かれて眠ったら確実にいい夢が見れそう』などとファンは大喜びです。2011年に1期生として芸能界入りした13歳の時から、年齢に見合わぬオトナっぽさが評判だった樋口ですが、21歳となった現在、その魅力は増すばかりと称賛の声が集まっているようです」(芸能関係者)


 7月10日から28日まで公演された舞台『SHOW BOY』では、露出多めのドレス姿で登場し、セクシーなビジュアルで観客を魅了した一方で、5月公演の舞台『+GOLD FISH』では口の悪い役を演じて話題に。同月23日にライブ配信サービス「SHOWROOM」上の帯番組『のぎおび』に登場した際、そのセリフを紹介したため、「生で聴きたかった」「まさか、ひなちまがそんな役を演じるとは驚き」などと、ファンをザワつかせることとなった。


「同作品で樋口は、二面性のあるシンシアという役を演じ、“クソおしゃべりもやし野郎”や“ウソつきメガネブタゴリラ”などといった、『絶対に普段では言ってはいけないような言葉』をセリフとして口にしていました。普段のおっとりした口調からは想像ができないため、見逃したことを悔やむファンも多かったようですね。ただ、この配信中に樋口は、『握手会で言ってください』という視聴者からのコメントに対し、『言えそうな方だったら言うね』と承諾したため、ネット上では、『ドMっぽい表情をして参上します!』と興奮の声が飛び交ったようです」(同)


 この日の配信中、ソロ写真集のリリースを催促するコメントに対して、「楽しみにしててください。頑張ります」と意欲を見せた樋口。グラマラスボディが解禁される日を楽しみに待ちたい。


あなたにおすすめ

ニュース設定