ホーム > mixiニュース > エンタメ > 映画 > エルトン・ジョンも感激!進化したジェイミー・ベルが親友役を熱演『ロケットマン』

エルトン・ジョンも感激!進化したジェイミー・ベルが親友役を熱演『ロケットマン』

2

2019年08月11日 13:02  cinemacafe.net

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真『ロケットマン』 (C) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
『ロケットマン』 (C) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
先日、待望の初来日が決まったタロン・エガートン主演『ロケットマン』。今回は、タロンが熱演するエルトン・ジョンの親友であり、楽曲作成のパートナーであるバーニー・トーピンを演じたジェイミー・ベルに注目した。



2000年公開『リトル・ダンサー』で、約2,000人が参加したオーディションで見事主演の座を射止め、新人とは思えないほどの名演で英国アカデミー賞主演男優賞をはじめとする名誉ある賞に輝き、鮮烈なデビューを飾ったジェイミー・ベル。


その後もピーター・ジャクソン監督の『キング・コング』('05)や、クリント・イーストウッド監督の『父親たちの星条旗』('06)、パフォーマンスキャプチャーを用いたスティーヴン・スピルバーグ監督の『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』('11)、本年度カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞したポン・ジュノ監督との『スノーピアサー』('14)など名監督の作品に次々と起用され、実力派俳優へと進化を遂げてきた。


本作では、エルトン・ジョンの人生を語るうえで欠かせない大親友で、信頼する作詞家のバーニー・トーピン役に。劇中では、運命的に出会ったエルトンと意気投合し、その後、世界的なブレイクを共に経験し、エルトンの人生が壮絶に変化してもなお音楽パートナーとしてエルトンを支え続ける唯一無二の存在を熱演! ミュージカルシーンでも、エルトンだけでなく観るもの全ての心を揺さぶる力強い歌声を披露している。

エルトン・ジョン「僕自身の物語で彼に心を動かされている」

本作の主人公でもあり、製作としても参加しているエルトン本人は、偶然にもジェイミーが出演していた『リトル・ダンサー』の大ファンだったという。「ジェイミー・ベルに本作に参加してもらうという案を聞いたとき、“ぜひやってくれ!”という想いだった。ずいぶん前に、カンヌ映画祭で『リトル・ダンサー』のプレミア上映に参加して、すごく心を動かされたんだ。そして今度は僕自身の物語で彼に心を動かされている! 本当に素晴らしいね」と、本作で果たした19年越しの再会に胸いっぱいの様子。

ジェイミー・ベル「彼は僕が初めて会った大スター」

ジェイミーも「(カンヌ国際映画祭の)上映後のレセプションで、エルトンが僕と監督のもとにやってきた。彼はまだ震えて涙を流していたんだ。映画が深く響いたと言って。彼は僕が初めて会った大スターだった。若くして成功と名声を経験した人間として、エルトンは、人がそれをどう進んでいくかに関心を持っているようだ。この映画も、それについての映画だ。エルトン・ジョンは、その経験を生き抜いてきた。彼の物語は並外れた物語だ」と、エルトンとの初対面をふり返ると同時に、過酷な人生を乗り越えようともがくエルトンの姿に称賛を贈る。エルトンにとって欠かせない超重要な存在であるバーニーを熱演するジェイミーにも注目だ。

『ロケットマン』は8月23日(金)より全国にて公開。

(text:cinemacafe.net)

    あなたにおすすめ

    ニュース設定