ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 乃木坂46賀喜遥香、新曲“ひとりキャンペーン”で番組多数出演「ファンの方から感想を聞いてみたい」

乃木坂46賀喜遥香、新曲“ひとりキャンペーン”で番組多数出演「ファンの方から感想を聞いてみたい」

0

2019年08月18日 12:04  モデルプレス

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

モデルプレス

写真賀喜遥香(提供画像)
賀喜遥香(提供画像)
【モデルプレス=2019/08/18】乃木坂46 4期生の賀喜遥香が16日、24thシングル「夜明けまで強がらなくてもいい」(9月4日発売)のプロモーションで愛知・名古屋のさまざまなラジオ番組やテレビ番組の収録に参加した。

【さらに写真を見る】賀喜遥香、怒涛の“1人新曲プロモーション”

5〜6日に大阪、滋賀、広島、愛媛で、初めてひとりでプロモーション活動を行なった賀喜。続いて実施された今回のキャンペーンでは、まずCBCラジオにて「ナガオカ×スクランブル」コメント収録と、「若狭敬一のスポ音」インタビュー収録を行った。

「ナガオカ×スクランブル」では、2分間で自分自身を紹介することになり、早口で好きな食べものについて力説。「若狭敬一のスポ音」では女性DJが相手とあって、リラックスムードでプライベートの話題から乃木坂46の活動に至るまでさまざまな話題について語った。

続いてZIP-FMに場を移して「PEEPS!」のインタビュー収録。賀喜への10の質問が用意されており、「好きな体のパーツ」や「自分を動物に例えると?」など個性的な問いに対して1つひとつ丁寧に説明。

午前中の収録を終えると、昼食に用意された名古屋名物・ひつまぶしに舌鼓を打った。

◆賀喜遥香、柴田柚菜に整理整頓してもらっていた

次に、東海ラジオ「山浦!深谷!イチヂカラ!」の生放送に出演。グイグイと迫ってくる3人のMCを前に、最初こそ押され気味だった賀喜も、番組が進むにつれてMC陣との受け答えで徐々に笑いが起こる機会が増えていた。特に、懺悔したいことでは「ツアー中、楽屋にあった誰かのパフェを勝手に食べてしまった」と答え、スタジオを笑いに包んだ。

そして、今回のプロモーション活動で初となるテレビ収録に参加。東山動植物園で行われた、メ〜テレ「BomberE」のロケでは、事前に用意されたお題やキーワードを用いてフクロテナガザルやコアラの実況レポートを初体験。トーク中にフクロテナガザルが突如鳴き始めるハプニングも発生し、終始笑いの絶えない収録だった。

続いて@FMのスタジオ入り後まもなくして始まった「@1 Countdown」の生放送にゲスト出演。ライブカメラを用いた生放送で、賀喜は「ついつい甘えてしまうこと」として、「部屋の片付け(が苦手)」と回答し、「遊びにきた4期生の柴田柚菜に、散らかった部屋をいつも整理整頓してもらっている」という事実が明かされた。

◆賀喜遥香「ファンの方から感想を聞いてみたい」

その後も、精力的に活動した賀喜は、「最初に比べたらだいぶ慣れてはきましたが、やっぱりひとりでのコメントよりも、誰か話す相手がいたほうがやりやすいです」とコメント。テレビ番組でのレポーターも初めての経験でした。どんなふうに放送されるのか、気になりますね。ぜひ握手会のときに、名古屋のファンの方から感想を聞いてみたいです(笑)」と呼びかけた。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

    あなたにおすすめ

    ニュース設定