ホーム > mixiニュース > エンタメ > 音楽 > クレイジーケンバンド・横山 剣、最近「かわいい」と思うものは…

クレイジーケンバンド・横山 剣、最近「かわいい」と思うものは…

1

2019年08月19日 17:40  J-WAVE NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

J-WAVE NEWS

写真写真
J-WAVEで放送中の番組『RADIO DONUTS』(ナビゲーター:渡辺 祐・山田玲奈)のワンコーナー「VOLVO DESIGN YOUR LIFE」。8月10日(土)のオンエアでは、クレイジーケンバンドの横山 剣が登場。ニューアルバム『PACIFIC』について語った。


■音楽と同じくらい映画が好き! 泣ける作品は

横山は、1960年川崎生まれ横浜育ち。幼少期を「中華街で酢豚と中華カレー、コーンスープが好きでしたね」と振り返る。夏休みには「本牧市民プールや慶応大学がプールを解放していたので行ってました。海は逗子、葉山、鎌倉、鵠沼、辻堂、茅ヶ崎。大磯ロングビーチはキラキラしていましたね」と話す。

また、音楽と同じくらい映画も好きとのことで、「病気で休んだりズル休みすると、昼に奥様が観るような映画をやってて、『男と女』とか『パリのめぐり逢い』は音楽もよくて、特に『慕情』は今でもDVDを観ると泣けてきます」と言う。

そして最近は、植物を見ることにハマっているそう。

横山:きっかけは、人の家の庭を見て「この木かわいい」と思って調べて、植木屋さんに訊いたりして。
山田:ご自分でも育てるんですか?
横山:僕がやると枯れちゃうと思うので、専門の人に頼んでやってもらってます。

「植物はかわいい。よく知らなかったから、まさか咲くと思わなかったのに花が咲いたりして。枯れてしまった可哀想なのもありますけど、勉強しています」と嬉しそうに話した。


■「港湾」がテーマの新作

クレイジーケンバンドは約1年ぶりとなる19thアルバム『PACIFIC』をリリース。テーマは「港湾」だ。

横山:僕、コンテナが大好きだったんです。港で検査員の仕事もやっていて、趣味と実益を兼ねてました。コンテナに荷物を積むバン詰めという作業に立ち会うのが幸せだったんですけど、久しぶりに僕の好きな台湾のコンテナのトレーラーが横切って、「ああ、このコンテナ久しぶりに見た!」というのがきっかけで、堰を切ったように港への思いがバアーっと出てきてました。

クレイジーケンバンドは、7月にSuchmosと対バンライブを行なった。横山はSuchmosについて「親子ほど年は違いますが年上感があるんですよね。僕が10〜20代に好きだった音楽のように思える。でも今の音だし、昔をトレースしているわけでもない。そこもフレッシュですね」と絶賛した。

また、間もなくアルバムを引っさげたツアー「CRAZY KEN BAND TOUR PACIFIC 2019 Presented by NISHIHARA SHOKAI」がスタートする。東京は10月26日(土)中野サンプラザで行なわれる。横山は「『goldfish bowl』から20年なので、その頃の気分が自然に蘇ってきています。フレッシュにお客さまも興奮させたい。一緒に興奮しましょう!」と意気込みを語った。

【番組情報】
番組名:『RADIO DONUTS』
放送日時:毎週土曜 8時−12時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/radiodonuts/

このニュースに関するつぶやき

  • 俺の!俺の!俺の鼻毛を抜け〜 2本だけでもいい〜♪ https://mixi.at/addpJvH
    • イイネ!11
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定