ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > ジャルジャルの名作コントを品川ヒロシが映像化! シュールな中にサイコホラーっぽさもあって中毒度高し!!

ジャルジャルの名作コントを品川ヒロシが映像化! シュールな中にサイコホラーっぽさもあって中毒度高し!!

1

2019年08月20日 17:52  Pouch[ポーチ]

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Pouch[ポーチ]

写真写真


後藤淳平さんと福徳秀介さんのお笑いコンビ「ジャルジャル」。2018年の『M-1グランプリ』決勝戦にも進出した彼らは、漫才はもちろんのこと、コントにも定評があります。

そんなジャルジャルのコントを、お笑い芸人・品川祐さんがショートムービーとして映像化!

現在、YouTubeの「品川ヒロシチャンネル」で3作品が公開されているんですが、これがクスッと笑えつつもほんのり背筋が凍る作品となっていて、再生回数がぐんぐん伸びています。

【傑作コントをショートムービー化】

現在、アップされているのは『何度も家に入ってくる奴』『空き巣』『娘さんをください』の3作品。中でも『何度も家に入ってくる奴』は公開1週間ほどで、すでに23万回近くの再生数となっています。

こちらはYouTubeの「ジャルジャル公式チャンネル」にもコントとしてアップされているネタで、「すいません、間違えました」と何度も同じ家に入ってくる男と、それを出迎える男とのやりとりを描いた話

基本的な話の流れはコントとほぼ同じなのですが、キャラクターの表情がアップで映されたり、撮影にアパートらしき部屋が使われていたりと、映像としてより臨場感あるものに。

【ちょっとサイコホラーなテイストに】

そして内容ですが、もともと「シュール」と言われることの多い彼らのネタが、ちょっとサイコホラーただようテイストに仕上がっているのが印象的。

ごくごく普段の日常にありそうな設定なのにとんでもなく不条理な展開が広がっていく様には、笑いとちょっとした恐ろしさが沸き起こっちゃいます。

【ジャルジャルのふたりも太鼓判!】

今回の映像化について、ジャルジャルの後藤さんは「舞台では見えにくい福徳の目つきのヤバさ、顔のエグさをお楽しみ下さい!」とコメント。

品川ヒロシ名義で『ドロップ』や『漫才ギャング』といった映画も監督している品川さんだけに、ふたりもその演出には大満足のようです。

まだまだうだるような暑さが続く毎日。この動画を観てひんやりしてみるのも、夏の暑さ対策になったりして……?

参照元:YouTube[1][2][3][4]、プレスリリース
執筆:鷺ノ宮やよい (c)Pouch

この記事の動画を見る

    ニュース設定