ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 『ルパンの娘』麿赤兒がついに本格参戦! 深田恭子が抱く、“Lの一族”としての誇り

『ルパンの娘』麿赤兒がついに本格参戦! 深田恭子が抱く、“Lの一族”としての誇り

2

2019年08月23日 09:01  リアルサウンド

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真『ルパンの娘』(c)フジテレビ
『ルパンの娘』(c)フジテレビ

 華(深田恭子)と和馬(瀬戸康史)の結納で両家は旅館に宿泊する。そこでついに、三雲家が“Lの一族”であること、そして桜庭家が警察一家であることが双方にバレてしまった。『ルパンの娘』(フジテレビ系)第7話は運命を乗り越えようとする二人を引き裂くように家庭の事情が絡み合う。


【写真】和馬と尊の温泉のシーン


 結納をするために三雲家と桜庭家は老舗旅館に泊まりに来る。するとそこの若女将(真魚)もまた、華と同じように禁断の恋に悩んでいた。華と和馬が結納をしたその晩、桜庭家の部屋には“Lの一族”を名乗るニセの組織の盗みが入る。そして桜庭家はその捜査を自らで担当すると名乗りを上げ、三雲家に警察一家だとバレてしまった。一方で、三雲家は桜庭家から逃げようとスーツに着替え逃走を目論む。しかし悦子(小沢真珠)は大切にしてるルワンダ王国の秘宝を紛失したままで気が気でなかった。その秘宝は、三雲家を怪しいと疑った和馬の母・美佐子(マルシア)が持っているのだ。


 第7話ではゲストに真魚が登場した。華の祖母を演じるどんぐりと同じく、映画『カメラを止めるな!』でブレイク。華と和馬を想起させる設定のカップルを演じた真魚は、大先輩・深田との共演シーンでも息のあった演技を見せた。


 さらに今回はいよいよ麿赤兒が本格参戦となった。今まで回想シーンでしか出演しなかった華の祖父・巌(麿赤兒)だが、華の晴れ姿を一目見るために旅館に登場する。華は和馬と二度と泥棒をしないと約束したことで、泥棒スーツを着ることをためらっていたが、巌の後押しでスーツを着る。泥棒一家であることに悩み、泥棒行為を嫌がる華であったが、心のどこかにLの一族に対する誇りが伺えた。巌の衣装は股旅を模しており、マツの言う「一年中フラフラしている」様子を表している。公式サイトの相関図では和馬の祖父・和一(藤岡弘、)と何か繋がりがあることが示唆されているが、後半戦で明かされるのだろうか。泥棒一家と警察一家の家族間の繋がりにも注目したい。


 第7話は三雲家が桜庭家から逃げるシーンで終わっている。故に、華と和馬の仲も引き裂かれてしまい、和馬は必死で華の心を引き止めた。華も和馬に思いを募らせながらも、逃げなければならない運命に従い、和馬の元を後にした。プロポーズもあり、良好かと思われた二人の関係だが、また雲行きが怪しくなる。しかし本当に想いあっている二人だからこそ、この試練を乗り越えて結ばれて欲しい。


(Nana Numoto)


このニュースに関するつぶやき

  • 出演者のギャラだけでもえらいことになってそうだけど、数字はついてきてるんだろうか(^ω^;)大河以外でドラマを録画なんて物凄く久しぶり。完走してほしいんだけどね。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定