ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 水卜アナ、初の総合司会とランナー掛け持ちに使命感「私しかいない」

水卜アナ、初の総合司会とランナー掛け持ちに使命感「私しかいない」

2

2019年08月24日 22:30  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真出走前の会見でノリノリポーズを決める水卜麻美 (C)ORICON NewS inc.
出走前の会見でノリノリポーズを決める水卜麻美 (C)ORICON NewS inc.
 日本テレビの水卜麻美アナウンサーが24日、25日に放送される毎夏恒例『24時間テレビ42』(後6:30)の『24時間駅伝』でチャリティーランナーに決定。スタートを前に、会場となる東京・両国国技館にて囲み取材に参加した。42回の歴史史上初となる総合司会との掛け持ちに「みなさまのご協力のもとに『24時間テレビ』やってきた感謝を、日テレの想いを背負って、走れるのは私しかいない」と使命感を燃やした。

【写真】自ら手を挙げてランナー発表した水卜麻美

 今回の『24時間駅伝』ではハリセンボンの近藤春菜(36)が第一走者として午後8時28分にスタート。春菜と第二走者となるガンバレルーヤ・よしこ(28)が32・195キロ、第三走者として水卜がアンカーのいとうあさこ(49)にたすきをつなぎ、ともにフルマラソンの42・195キロに挑む。

 実は一番初めにランナーに決定していたという水卜アナは「こういう挑戦をしてみないかと上司に言われて、自分でも想像していなかったんですけど、すぐ『はい』といった」と即答したそう。「チャンスをもらった。アナウンサーなんかが走っていいのかとずっとあるし、がっかりさせないかもあるんですけど…」としつつ「これまでの24時間テレビとこれから新たな時代もよろしくお願いします、としっかり受け止めて走ろうと。先輩後輩の想いを全部背負って恥ずかしくない走りをしたい」と意気込みを語った。

 最後まで4人目ランナーであることは明かせなかったことから練習も極秘で敢行。「一人にも気づかれなかった。本当にゼロ。家の近所でマスクして帽子かぶってたので怪しげな人だと思ったんですけど…。普段もサングラスかけて下向いて走っていたのでびっくりするほど目撃情報が出なかった」と苦笑い。練習では週3日ランニングを行い、毎日筋トレに励んできたことで「積み重ねてきたものの自信はあります」と手応えをにじませた。

 また今年も候補者として様々な人の名前が挙がるなか、「ほぼ私の名前って挙がってなかったのに、直前に挙がったらしい。その発信が痩せたからそうなんじゃないかって。『ネットニュースになってるよ』って後輩に言われてうれしかった。結構ハードルが上がる名前があったので日々、ごめんなさいと…」と恐縮した。

 第三走者ということで走り終わっても総合司会の仕事は残されている。「目標は何事もなかったかのように国技館に帰ってきて司会したい。『どうも〜』って帰ってきて『続いてはこちらです』ってしたい」と笑顔で目標を掲げていた。

このニュースに関するつぶやき

  • そろそろこの茶番やめたら? https://mixi.at/adiKTac
    • イイネ!11
    • コメント 0件
  • ����ɽ���ʴ򤷤������ԡ�����】水卜さんの責任感を応援します����
    • イイネ!37
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

あなたにおすすめ

ニュース設定