ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 浅田真央「24時間テレビ」初のチャリティーパーソナリティー完走

浅田真央「24時間テレビ」初のチャリティーパーソナリティー完走

0

2019年08月25日 22:49  モデルプレス

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

モデルプレス

写真浅田真央(C)日本テレビ
浅田真央(C)日本テレビ
【モデルプレス=2019/08/25】日本テレビ系にて放送された「24時間テレビ42 愛は地球を救う」(8月24日・25日放送)でチャリティーパーソナリティーを務めた浅田真央が、放送終了後にコメントした。

【写真】「24時間テレビ」ドラマ、今年の主演は?

今回初の同パーソナリティーとなった浅田。「初めてのチャリティパーソナリティの経験でしたが、素晴らしい経験をさせてもらえました」と感想を語り、「嵐の皆さんには沢山『大丈夫?』、『腰痛くない?』などと声をかけてもらいました。全く眠くなかったです」と嵐が気遣ってくれたことを明かした。

自身が参加した企画『耳の不自由な子どもたちとともに刻むタップパフォーマンス』については「タップダンスパフォーマンスは、子供たちが最初は歩くところからのスタートで、ダンスも初めてだったんですが、本当に諦めなければ、こんなに素晴らしいパフォーマンスが出来るんだということを子供たちから学びました。キラッキラッとした笑顔でした」と達成感を滲ませた。

◆「24時間テレビ42 愛は地球を救う」

今年のテーマは「人と人 〜ともに新たな時代へ〜」。メインパーソナリティーは嵐、チャリティーパーソナリティーは浅田が務めた。

また、毎年恒例となっている24時間テレビチャリティーマラソンだが、今年は4人でタスキをつなぐ初の駅伝形式『24時間駅伝』。近藤春菜(ハリセンボン)、よしこ(ガンバレルーヤ)、水卜麻美アナ、いとうあさこがタスキをつないでゴールの国技館を目指した。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

    あなたにおすすめ

    ニュース設定