ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > ライコネン「レースはターン1で終わった。強力なマシンがあったのに残念」:アルファロメオ F1ベルギーGP日曜

ライコネン「レースはターン1で終わった。強力なマシンがあったのに残念」:アルファロメオ F1ベルギーGP日曜

0

2019年09月03日 07:31  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真キミ・ライコネン(アルファロメオ)
キミ・ライコネン(アルファロメオ)
 2019年F1第13戦ベルギーGPが行われ、アルファロメオのキミ・ライコネンは16位、アントニオ・ジョビナッツィは18位(完走扱い)に終わった。

■アルファロメオ・レーシング
キミ・ライコネン 決勝=16位
 残念ながら、僕のレースはターン1ですでに終わっていた。(バルテリ)ボッタスがアウト側にいたから、減速しなければならなかった。次の瞬間に分かったことは、衝突されて2本のタイヤで走行しているということだった。フロアのダメージが酷かったから、その後でステイアウトすることにほとんど意味はなかった。

 でも何が起きるかは分からないから、レースをやり抜いた。今日は強力なマシンがあったというのに、本当に残念だった。

アントニオ・ジョビナッツィ 決勝=18位(完走扱い)
 今日のマシンは本当に強力だったから、最終ラップのアクシデントのせいでレースをフィニッシュできなかったことがいっそう残念だった。僕たちの戦略は優れたものだったし、ポイント圏内に入れるはずだったから、チームの全員のために残念に感じているが、これもレースというものなのかもしれない。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定