ホーム > mixiニュース > トレンド > Aクラスセダンとは一味違う。流麗な2代目『メルセデス・ベンツCLA』がデビュー

Aクラスセダンとは一味違う。流麗な2代目『メルセデス・ベンツCLA』がデビュー

0

2019年09月03日 11:01  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真流麗なシルエットを持つ4ドアクーペ/シューティングブレークの『CLA』2代目モデル
流麗なシルエットを持つ4ドアクーペ/シューティングブレークの『CLA』2代目モデル
 メルセデス・ベンツのFFスモール。プラットフォームとなるNGCC(ニュー・ジェネレーション・コンパクト・カーズ)の第2世代として、人工知能(AI)技術を活用した音声認識操作などを取り入れた4代目『Aクラス』の姉妹モデル、『メルセデス・ベンツCLA/CLAシューティングブレーク』が登場。流麗なシルエットを持つ4ドアクーペ/シューティングブレークの2代目モデルは8月27日より発売開始となっている。

 この新型モデルで第2世代へと更新された『メルセデス・ベンツCLA/CLAシューティングブレーク』は、ベースとなる最多量販ハッチバックの『Aクラス』が4代目になったことに合わせて、伝統的な3BOXスタイルの『Aクラスセダン』が新たにラインアップされるなど、その立ち位置と棲み分けがどうなるかに注目が集まっていた。

 そんな周辺環境の元で登場した2代目『メルセデス・ベンツCLA/CLAシューティングブレーク』は、最新Aクラスのデザイン言語である“Sensual Purity(官能的純粋)”に基づき、キャラクターラインやエッジをできるだけ廃し、曲面的表現によりシンプルでありながら陰影による豊かな表情を実現。

 前傾するフロントエンドはサメの尖った鼻先を想わせるデザインとしつつ、先代『CLA』のヘッドライトから引き継いだ、外側が膨らむ独特なデザインが『CLA』の継続性を表現している。

 メルセデスの現行クーペモデルに通ずるサッシュレスウインドウの採用や、長く、低く構えたボンネット、高いウエストラインとなだらかな流線形のルーフラインにより、エクステリアのデザイン性だけでなく空力性能の改善にも貢献しており、Cd値は0.23を達成するなど、クラストップレベルの空力性能を実現した。

 日本導入時点のラインアップは、CLAとCLAシューティングブレークそれぞれに、2リッター直列4気筒直噴ターボのクリーンディーゼル(150PS/320Nm)である"OM654q"に、8G-DCT(8速デュアルクラッチトランスミッション)を組み合わせた『CLA 200 d』と、2リッター直列4気筒ガソリン直噴ターボ(224PS/350Nm)に7G-DCT(7速デュアル クラッチトランスミッション)を組み合わせたCLA 250 4MATICを設定。

 新型CLAのトレッドは先代モデルからフロントが63mm、リヤが55mm拡大し、メルセデス・ベンツの前輪駆動プラットフォームを採用している全モデルのなかで、もっともスポーティなドライビング特性を獲得。さらにスタビライザーはロールを抑制すべく直径が拡大されている。

 そのガソリンエンジンに組み合わされる可変トルク配分型の4輪駆動システム“4MATIC”は、あらゆる路面状況において常に最適なトラクションを発揮し、高い操縦性と走行安定性を実現。通常はほぼ100%前輪駆動で走行し、状況に応じて効率的に後輪にトルクを配分するなど、オフや雪道でも瞬時のトルク配分を行い、オンロードではコーナリング時に積極的な後輪トルク配分で俊敏なハンドリングと高い安定性を実現するなど、高次元のインテリジェンスを備える。

 そのほか、メルセデス最新のMBUX(メルセデス・ベンツユーザーエクスペリエンス)とワイヤレスチャージング機能や、歩行者や車両の飛び出しを検知した場合や先行車両や障害物を回避できない場合の自動緊急ブレーキによる被害軽減機能、車線維持機能、斜め後ろの死角の車両との衝突回避を支援する機能などを備えた『Sクラス』同等のインテリジェントドライブも設定するなど、最新の安全運転支援機能も備えている。

 この2代目『メルセデス・ベンツCLA/CLAシューティングブレーク』は、ガソリン、ディーゼルともに右ハンドル仕様のみの設定となり、価格は472万〜544万円。24時間緊急通報サービスやリモートでの操作も可能なテレマティクスサービス"Mercedes me connect"も付帯され、CLAが10月頃、CLAシューティングブレークが12月頃のデリバリーを予定している。

メルセデスコール:0120-190-610
メルセデス・ベンツ日本ウェブサイト:http://www.mercedes-benz.co.jp

    あなたにおすすめ

    ランキングトレンド

    前日のランキングへ

    ニュース設定