ホーム > mixiニュース > エンタメ > 映画 > パッと見わからない!『記憶にございません!』変貌ぶりに驚き

パッと見わからない!『記憶にございません!』変貌ぶりに驚き

2

2019年09月15日 19:14  シネマトゥデイ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

シネマトゥデイ

写真パッと見、わからなかった〜! 議員役のROLLY (C) 2019フジテレビ 東宝
パッと見、わからなかった〜! 議員役のROLLY (C) 2019フジテレビ 東宝

 公開中の映画『記憶にございません!』には、主演の中井貴一をはじめとしたメインキャスト以外にも、個性豊かなキャラクターに扮した俳優陣が続々と登場する。中でも、パッと見ただけでは気付かないほどの激変ぶりを披露しているROLLYや、濱田龍臣、宮澤エマが印象的だ。


 『記憶にございません!』は、4年ぶりとなる三谷幸喜監督の新作映画で、政界を舞台にしたオリジナルのコメディー。中井が記憶喪失に陥った総理大臣を巧みに演じ、秘書官役のディーン・フジオカ、小池栄子、妻役の石田ゆり子、官邸料理人役の斉藤由貴、官房長官役の草刈正雄、野党の党首役の吉田羊、米大統領役の木村佳乃、フリーライター役の佐藤浩市と実力派が集結している。


 ほかにも、田中圭、梶原善、寺島進、迫田孝也、後藤淳平(ジャルジャル)、有働由美子など挙げればキリがないほどバラエティーに富んだ顔ぶれがそろっており、ROLLY、濱田、宮澤と共に作品に欠かせないユーモアをもたらしている。


 衆議院議員で黒田総理(中井)の妻・聡子(石田)の兄を演じたのは、ミュージシャンで俳優のROLLY。普段はメイクをしている姿でおなじみだが、本作では眼鏡をかけて、濃いメイクも封印して政治家を熱演。ガラリと印象が変わっているので、初登場シーンでは、演じているのがROLLYだと気付かない人もいるかもしれない。


 濱田は、黒田総理夫妻の息子・篤彦に扮している。子役時代から愛らしく、イケメンに成長した濱田が、大人しくも反抗期の息子を好演。控え目なキャラクターながら心情の変化を見事に表現しており、濱田の新たな一面を見ることができる。


 「ジェット・和田」というインパクトのある役名で、木村演じる米大統領の有能な通訳になり切ったのは宮澤。美しい普段のイメージとは違い、前髪をきっちりピンで留め、どこか野暮ったく、つかみどころのない人物を巧妙に演じている。


 登場人物や演じているキャスト、演出の隅々までに「観客を楽しませる」情熱が詰まっている本作。どこを切り取っても笑いにつながる仕掛けの数々を見逃してしまうのは、もったいない。(編集部・小松芙未)


【関連情報】
爆笑必至!『記憶にございません!』予告編
中井貴一、掛け持ちはしない 一作入魂の役者人生
眼福!田中圭『記憶にございません!』腕まくり警官姿がワイルド

このニュースに関するつぶやき

  • うん、分かんなかった。化粧の効果ってすごいな。@@���顼�áʴ���
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定