ホーム > mixiニュース > エンタメ > 映画 > 妻夫木聡、妻・マイコ第1子妊娠後初公の場

妻夫木聡、妻・マイコ第1子妊娠後初公の場

0

2019年09月22日 23:27  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真メ〜テレ開局55周年記念作品『乱反射』のトークイベントに出席した妻夫木聡 (C)ORICON NewS inc.
メ〜テレ開局55周年記念作品『乱反射』のトークイベントに出席した妻夫木聡 (C)ORICON NewS inc.
 俳優の妻夫木聡(38)が22日、東京・ユーロスペース渋谷で行われたメ〜テレ開局55周年記念作品『乱反射』のトークイベントに出席。先月に妻で女優のマイコ(34)が第1子妊娠を発表して以来、初めて公の場に姿を見せた。

【写真】イベントには石井裕也監督も登壇

 2人は2012年に共演したドラマの打ち上げの席で意気投合し、交際に発展。4年の期間を経て16年8月に結婚を発表。妊娠発表時は、双方の所属事務所を通じて連名で「私共のことで恐縮ですが、この度第一子を授かりましたことをご報告いたします。夫婦共々、日々の変化に驚くとともに喜びを感じております」と報告していた。

 昨年9月にテレビ朝日系で放送された同ドラマは、「第63回日本推理作家協会賞」を受賞したミステリー作家・貫井徳郎氏の同名小説(朝日新聞出版/朝日文庫)を、妻夫木と井上真央(32)が夫婦役で主演し、石井裕也監督(36)により実写化。きのう21日から一週間限定で劇場用ディレクターズカット版が公開されている。

 ドラマ放送から1年後、改めて劇場公開されたことに妻夫木は「めったにないこと。うれしいですね」と笑顔。初共演で夫婦を演じた井上について「あまり壁を感じさせない方なので、最初から飛び込んでいくことができた。フィーリングは合ってるなと思いました」と振り返ると、メガホンをとった石井監督も「これはおべっかでも何でもなく最高でした」と太鼓判を押していた。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定