ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > フェラーリ元会長、ルクレールに批判的「私ならドライバーが無線で文句を言うのを許さない」

フェラーリ元会長、ルクレールに批判的「私ならドライバーが無線で文句を言うのを許さない」

2

2019年10月06日 07:11  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真ルクレールのレース中の無線に、元フェラーリ会長のモンテゼモロが物申した
ルクレールのレース中の無線に、元フェラーリ会長のモンテゼモロが物申した
 元フェラーリ会長のルカ・ディ・モンテゼモロは、先週末のF1ロシアGPでシャルル・ルクレールが無線で不満を漏らしたことについて、もし今でも自分がチームの指揮を執っていたら、その件を放置することはなかっただろうと述べている。

 セバスチャン・ベッテルと、ソチでポールポジションを獲得したルクレールは、日曜日のレース序盤はチームプレイを行うことでチーム上層部と合意していた。メルセデスからポジションを守るために、ベッテルがルクレールのスリップストリームを利用するというプランで、作戦の最初の部分は計画どおりに進んだが、首位に立ったベッテルはチームの指示に従わず、頑としてルクレールに順位を返そうとしなかった。

 ルクレールは無線で何度も不満を伝え、自身は任務を果たしたことを主張していた。モンテゼモロは、非難の矛先を、ベッテルではなくルクレールに向けている。

「もし私にルクレールがあのように不満を言っていたら、その後、彼は私のオフィスでみっちり話を聞くことになっただろう」とモンテゼモロは『Corriere dello Sport』に語った。

 ニキ・ラウダが君臨していた1970年代のフェラーリでチームマネージャーを務め、チームがミハエル・シューマッハーを擁していた黄金時代にはフェラーリ会長の座についていたモンテゼモロは、2002年のオーストリアにおいてジャン・トッドのチームオーダーがもとで起きたドラマを忘れてはいない。

「オーストリアでルーベンス・バリチェロが、シューマッハーにスペースを空けるように指示されて腹を立てたことを覚えている」とモンテゼモロは語った。

「私は彼にこう言った。『我々が指示したことをやるんだ。以上』とね。だが私がルクレールに関して言えることは、彼があの世代で最も優れたドライバーのひとりだということだ」

 72歳のモンテゼモロは、こうした出来事についての大衆の見方は、メディアのF1報道によってしばしば歪められてしまうとも語った。

「F1について記事を書いている人々の多くは、F1についてほとんど何も知らない」とモンテゼモロは付け加えた。

「彼らはシューマッハーはラウダと比べてどうかなどと尋ねてくるのだ。ふたりは完全に違う世代のドライバーであるのにだ」

このニュースに関するつぶやき

  • ベッテルへのコメントも聞きたい。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • そうだな自分一人で頭から尻までレースやってるなら別として支えられてる立場の人間なのだから感謝の言葉はあれど文句言う資格など無い�ؤ�OK
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

あなたにおすすめ

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定