ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 有働由美子、天皇陛下即位祭典の司会決定も『news zero』周辺からは冷ややかな声

有働由美子、天皇陛下即位祭典の司会決定も『news zero』周辺からは冷ややかな声

1

2019年10月06日 09:02  日刊サイゾー

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊サイゾー

写真日本テレビ公式サイトより
日本テレビ公式サイトより

 11月9日に開催される『天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典』。その概要が明らかになり、第2部の祝賀祭典の司会を俳優の谷原章介と、有働由美子アナが務めることが発表されたが、有働アナがメインキャスターを務める『news zero』(日本テレビ系)周辺からは、厳しい声が囁かれている。

 有働アナといえば、昨年3月にNHKを退社し、フリーに転身したが、その際、「今後、有働由美子というジャーナリストとしてNHKの番組に参加できるように精進してまいります」と“ジャーナリスト宣言”したことでも注目を集めた。

「この宣言に、NHKの先輩でフリージャーナリストの池上彰氏が、『そんなに簡単にジャーナリストを自称してほしくない』と厳しいエールを送っていました。NHK時代、社会部に在籍して様々な大事件を取材した池上氏からみれば、有働アナは、NY特派員の経験こそあるものの、退社まではアナウンス部の所属で、報道経験が乏しい。そんな彼女が“ジャーナリスト宣言”したことに不快感を抱いたのでしょう」(マスコミ関係者)

 しかし、日本テレビはそんな有働を高く評価し、昨年10月から報道番組『news zero』のメインキャスターに抜擢。ジャーナリストとして「現場に出たい」と意欲を燃やす有働に、高視聴率が期待されたが、結果、数字は上がらず、1本160万円ともいわれる高額ギャラへの風当たりばかりが強くなったという。

「自身への逆風を気にしてか、親友のマツコ・デラックスにも相談したそうで、キャスター就任当初はお高くとまっていた有働アナが、100人分の高級焼き肉弁当を差し入れるなど、スタッフへの気遣いを見せたり、コミュニケーションを持つようになったりしたそうです。その成果が実ったのか、7月の参院選特番『zero選挙2019』は民放トップの10.6%(関東地区、ビデオリサーチ調べ/以下同)を記録しました」(前同)

 しかし、その後、視聴率は逆戻り。5%前後を行ったり来たりと低迷を続けている。有働はジャーナリストとして期待されていたにもかかわらず、政治や経済ニュースにめっぽう弱く、勉強不足が否めないとの厳しい声もあるが、それに追い打ちをかけているのが、ライバル局のフジテレビが制作する映画『記憶にございません!』への出演だ。

「三谷幸喜がメガホンを執った映画『記憶にございません!』への出演ですが、有働アナは、実名で“夜のニュースキャスター“として出演しているんです。しかも、あまりのケバさに、熟女クラブのホステスかと見まがうほどで、いくらコメディとはいえ、インテリジェンスのかけらもない、ジャーナリストを語る資格はないのでは、と言う人までいます」(前同)

 日テレ内の評価は芳しくないようだが、来たる11月9日の『天皇陛下・御即位をお祝いする国民祭典』では、どんな司会ぶりを見せてくれるのか。汚名返上となるか、注目したい。

    ニュース設定