ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 冨永愛、木村拓哉演じるシェフの過去に深く関わる雑誌編集長役に『グランメゾン東京』

冨永愛、木村拓哉演じるシェフの過去に深く関わる雑誌編集長役に『グランメゾン東京』

0

2019年10月13日 10:01  テレビドガッチ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

テレビドガッチ

冨永愛が、10月20日にスタートする木村拓哉主演の日曜劇場『グランメゾン東京』(TBS系、毎週日曜21:00〜※初回25分拡大SP)にレギュラー出演することが分かった。冨永が民放ゴールデンタイムの連続ドラマに出演するのは今回が初となる。

木村演じる主人公・尾花は、型破りなフランス料理のシェフ。料理に人生をかけ、パリに自分の店を持ち、二つ星を獲得するが、己の慢心から招いた重大事件によってその座を追われ、店も仲間もすべて失ってしまった男だ。本作は、そんなどん底まで転落した尾花が鈴木京香演じる女性シェフ・早見倫子と出会い、もう一度シェフとして生き直し、周囲と衝突しながらも世界最高の三つ星レストラン「グランメゾン東京」を作り上げようと奮闘する姿が描かれていく。このほか、メインキャストとして沢村一樹、玉森裕太、及川光博、尾上菊之助らの出演が発表されている。

今回、冨永が演じるのは、尾花の過去に深く関わる女性、現在は世界的なグルメ雑誌「マリ・クレール ダイニング」の編集長を務める、リンダ・真知子・リシャール。尾花も認める生粋のフーディー(=グルメ、料理愛好家)で、その発言が世界のレストランに多大な影響力を持つ凄腕の編集長だが、その一方で、3年前に尾花が起こした事件の真相をフードライターの久住栞奈(中村アン)と共に追い、尾花に接近する謎多き女性だ。

その日本人離れした抜群のプロポーションと、エキゾチックな顔立ちで瞬く間にトップモデルとして世界的に活躍してきた冨永。現在も、日本はもちろんのことパリでも多くの活動を行い、ファッション界の頂点を見てきたその生き様は、本作で演じるリンダと共通点が多く、まさにこれ以上ない適役といえる。

冨永は、オファーをもらった際は驚いたそうだが、「やるからには全力で演じたいと思って臨みます」と意気込み、「木村さんとはこれまで面識はありませんでしたが、どんなセッションをしていけるのか、凄く楽しみです」と期待している様子。

また演じるリンダについては「非常に“信念を持っている女性”なので、その人物像をしっかりと表現できるようにしていきたいです」と明かし、「出演者の皆様は、演技の世界で活躍される方々ばかりなので緊張していますが、共演させていただくことを本当に楽しみにしています」とコメント。

どんなファッションで登場するのか、注目が集まるが、「リンダはパリ生まれパリ育ちなので、ファッションも大好きな人物だと思います。パリの最前線で働く女性像を考えながら、そのあたり(ファッション)も工夫していければと思っていますし、私自身も楽しみながらやっていければと思っています」と笑顔を見せる。

実際にキャストと共演して感じたことを聞くと、「やはりプロフェッショナルだということです」と答え、「どんなに和気藹々と和んだ雰囲気でも、カメラが回れば瞬時にその場の空気を変えることができる。異世界の私にとって、キャストの皆さんの一挙一動が新鮮で、勉強になります。素晴らしいキャストの皆さん、そしてスタッフの皆さんと最後まで駆け抜けたいと思いました」と刺激になっているという。

また本作について「この作品は、色々な要素が含まれていると思います。一度夢を諦めたら、もう夢は見てはいけないのか? 何年経っても忘れることができない心の闇とどう向き合うのか、仲間とは? 人間味溢れる、個性豊かな役と、人生の豊かさを問う作品です」と言い、「これから物語がどう展開していくのか、私自身、大変楽しみです! 視聴者の皆さんにも同じように楽しんでいただけるように、頑張って演じたいと思います。リンダ・真知子・リシャールが憑依した私を、ぜひ楽しみにご覧ください」とコメントを寄せている。

リンダが編集長を務める雑誌「マリ・クレール ダイニング」だが、その名のとおり、世界的に有名なフランスのファッション誌「マリ・クレール スタイル」が名前を提供しており、「マリ・クレール スタイル」が日本のドラマに名前を提供するのは極めて異例のこと。

フランス・パリで世界初の撮影協力を行った三つ星フレンチレストラン「ランブロワジー」、本作で料理初監修をする三つ星レストラン「カンテサンス」の岸田周三シェフ、そして今回の「マリ・クレール スタイル」と、世界に名だたるトップネームが協力に名を連ね、かつてないスケールとなっている本作に期待が高まる。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定