ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > みちょぱや中村アンらも注目!外国人女性、ウクライナで日本観光できる技術を持ち帰ろうと奮闘

みちょぱや中村アンらも注目!外国人女性、ウクライナで日本観光できる技術を持ち帰ろうと奮闘

0

2019年10月14日 06:11  テレビドガッチ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

テレビドガッチ

山里亮太(南海キャンディーズ)がMCを務める『メイドインジャパン!SP』(TBS系)が、10月14日(月)19時から放送。ゲストとして、みちょぱこと池田美優、川島明(麒麟)、中村アン、松下由樹が出演する。

同番組は、日本で暮らす外国人が“日本で一番素晴らしい”と思った“メイドインジャパン”の逸品を携えて、故郷に里帰りする様子に密着。日本や日本製品の素晴らしさを知ることができるだけではなく、品物を選んだ理由や母国での再会の様子から家族の絆を再認識できる感動のドキュメンタリーを内包したハートフルバラエティになる。

日本の旅行会社に勤めているウクライナ出身のセーニャは、父や愛する家族に“日本は素晴らしい所”と知ってほしいと、3Dプロジェクターで日本全国の風景を映し、あたかも日本ツアーに参加しているような気分になるよう自分がガイドとなり案内することを考案。様々な風景を映し出す“3Dプロジェクター”を持って帰る。

カフェを経営しているジェニファーは、コロンビアの祖母の家にある池に使うために、「池の水を綺麗にする技術」を持って帰ることに。子供の頃に遊んだ祖母の家にある池が今ではすっかり汚れ、誰も近づかなくなってしまい、祖母もがっかりしているそう。祖母に昔、池がキレイだったあの頃を思い出して笑ってほしいとのことで、日本が誇る“水質浄化剤”を持参する。

ウクライナ出身、現在は1児の母として日本で暮らすトーニャが持ち帰るのは、母国にいる両親のために「宮大工の技術」。家の外にあって玄関から30mも離れたトイレや、収納が少なく散らかりっぱなしのキッチン、高齢者に優しくない寝室など、様々な問題点を抱える実家を直してもらうため、宮大工を連れて帰る。

さらに、“世界の日本食”を世界中に飛んで大調査する「日本食探しの旅!」はチリ後編。「日本食しか食べてはいけない」というルールに、現地で日本食を探すディレクターは四苦八苦。果たしてチリでどんな日本食にありつけるのか?

    あなたにおすすめ

    ニュース設定