ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 東大ママ「子育ては受験より大変」の中で見つけた、ラクして“できる子”の育て方

東大ママ「子育ては受験より大変」の中で見つけた、ラクして“できる子”の育て方

1

2019年10月14日 11:00  週刊女性PRIME

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

週刊女性PRIME

写真杉山奈津子さん  撮影/北村史成
杉山奈津子さん  撮影/北村史成

 中学3年のころからうつ病を患い、高校時代は遅刻回数が学年トップ、高校3年時には偏差値29をとったという杉山奈津子さん。

 しかし、“夢を実現させるためには東大に入るしかない”という状況になり、「できるだけラクをしたい」「最低限の努力で最大の効果を出せないものか」という思いで独自の勉強法を編み出した。結果は、みごと合格!

こんなに大変なものなの?

 現在、杉山さんは5歳の息子さんの子育て真っ最中。最新刊となる本書は、アエラドットで連載の『偏差値29で東大に合格したなっちゃんの、ただいま子育て猛勉強中!』の2017年8月から2019年3月分の原稿を加筆、修正してまとめられた1冊である。

「これまで、育児についてフォーカスして考えたことはありませんでした。みんな大変だとは言っていたけれど、もうちょっとラクなものなんじゃないかと勝手に思っていたんです。ですが、自分が親になってみたら、“育児ってこんなに大変なものなの?”って。

 2時間寝れたらラッキーみたいな状況で、頭はずっとボーッとしている状態。仕事も全然手につきません。“世界中の親はこんなに大変なことをしているんだ”と、改めて思いました

 初めての子どもで右も左もわからず、試行錯誤を繰り返したという杉山さん。

「私はサボりたがりなので“どうしたらラクにできるか”と考えていった結果、“こうすると育児が効率化できるのでは”ということが出てきました」

結果ではなく行動を褒める

 こうして誕生した“親がラクをしながらでも、子どもが伸びる”育児法は、東大受験で培ったノウハウや、心理カウンセラーとしての知識などを徹底応用。

 親としての心がまえや実践テクニックの数々は、もちろん、杉山さん自ら日々の子育てで実践中である。

息子は幼稚園のマラソンでビリなのですが、結果ではなく“頑張って走れてすごい”と行動を褒めるんです。すると挑戦を恐れない子になるので、息子はビリなことを気にしてはおらず、“僕が1位になったらどうする?”なんて言うほど、すごいポジティブ(笑)

 という杉山さん。これは、心理学の「ピグマリオン効果」を応用したテクニックのひとつだそう。

子どもの世界って『家と保育園だけ』とかものすごく狭いもので、そのなかでの母親の存在はとても大きなものなんです

 だから、お母さんが子どもに“絶対できる” “あなたならできる”と言いまくることが効果的。

母親が自分を信じていてくれる』と思えることで子どもの心は安定しますし、『自分はできる』と思い込むことで、子ども自身がすすんでチャレンジするようになるんです」

 子どもへの声かけ。そのひと言がプラスになることもあれば、マイナスになることも。

「子どもがおもちゃを片づけないまま次のおもちゃを出すことってよくありますよね。ですが、そこでしつこく片づけろと言うのは逆効果。人は『〜しろ』と言われすぎると、逆にやりたくなくなってしまうんです。

 また、子どもが片づけないことは親にとってもけっこうなストレスになります。お互いのためを考えたら、ガミガミ言ったりイライラする前に、自分でどんどん片づけていってしまったほうが得策です“片づけられない大人になるのでは……”と不安に思うかもしれませんが、片づけの技術はむしろ年齢が高くなってからのほうが身につけやすいので大丈夫

親が子を認めてあげればいい

 ところで、杉山さんいわく「子育ては東大受験より大変」とのこと。

育児は、子どもに合わせて動かなければいけません。自分が何かをしてるときにその手を止めて子どもの世話をしなくてはいけない、というのは、毎日それだけで大きなストレス

 私は、うつ病だったのでストレスには敏感なのですが、ラクをする、サボるというのは、ただでさえストレスのかかる育児でいかに負担を減らすか、ということでもあります

 家事はやらざるをえないことですが、今は助けてくれる家電がたくさん出ていますし、行政のファミリーサポートなど、子育てを支援する制度もあります。

 無理せず子育てできるようになるなら、使えるものをうまく活用していくほうがいいのではないでしょうか

 子育てをしていると、外野から「親ならこうすべき」「これをすべきではない」などという声も多く飛んでくる。杉山さんはそうした親を縛りつける“世間の目”にも、もの申す。

「ママ友などと話をしていると、子どもがみんなの輪からはずれることを気にしすぎているようにも感じます。今、何かが飛び抜けていたりする子は発達障害などの名前をつけられやすいということもあり、不安になる親御さんもいらっしゃると思います。

 ですが、その部分や能力にフォーカスを当てて伸ばしたことで、大成功した有名人はかなりいるわけで。幼稚園などで「変わった子」扱いされても、親が子を認めてあげればいいのだと思います

 枠からはみ出さず、人と同じであることだけがいいこととは限りません。飛び抜けた部分を伸ばすことが、将来、大きな成功へとつながるかもしれません

 杉山さんはそう結んだ。

ライターは見た!著者の素顔

“やっちゃダメ”という人も多いのですが、私はゲームで育ってきたので」と言う杉山さん。東大医学部の夫もゲームオタク。「息子が負けると怒るので困ってたんですけど」というオセロの対戦相手を、自分からコンピューターに変えたそう。

「“ママ一緒にやって”と言うようになって。味方になったことですんなりアドバイスでき、本人も上達していきます。

 “ママすごい!”みたいな尊敬が生まれたり、どうすればいいか考えさせることで思考力も養える。使い方次第でゲームはすごく便利なツールになると思います

(取材・文/長谷川英子)

●PROFILE● 

すぎやま・なつこ。

1982年、静岡県生まれ。高校3年時に偏差値29をとるものの、そこから独学の勉強法で東大理科2類に合格。東大薬学部卒業後、うつによりしばらく実家で休養。


その後、厚生労働省管轄医療財団勤務を経て現在、講演や執筆、医療の啓蒙活動などで活躍中。主な著書に『偏差値29の私が東大に合格した超独学勉強法』。心理カウンセラー。

このニュースに関するつぶやき

  • 睡眠が大事な幼児期に施設でクマつくってる娘を不安な気持ちで会いに行ってた。同室の友達に寝ないで!て頼まれ寝れずにいる娘。学習能力はまずいレベルだけど元気でいてくれ
    • イイネ!1
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定