ホーム > mixiニュース > エンタメ > 映画 > ジュリエット・ビノシュ、SNSの罠にハマる…『私の知らないわたしの素顔』公開決定

ジュリエット・ビノシュ、SNSの罠にハマる…『私の知らないわたしの素顔』公開決定

0

2019年10月16日 12:03  cinemacafe.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真『私の知らないわたしの素顔』(C)2019DIAPHANA FILMS-FRANCE 3 CINEMA-SCOPE PICTURES
『私の知らないわたしの素顔』(C)2019DIAPHANA FILMS-FRANCE 3 CINEMA-SCOPE PICTURES
公開中の『真実』にも出演しているフランスを代表する女優ジュリエット・ビノシュ主演映画『Who You Think I am』が、『私の知らないわたしの素顔』の邦題で日本公開決定。メインビジュアルも到着した。

パリの高層マンションに暮らす50代の美しき大学教授クレール。ある日彼女は、年下の恋人にポイ捨てされたことをきっかけに、SNSの世界に足を踏み入れる。Facebookで24歳のクララに成りすまし、新しい恋を手に入れたクレールだったが、それは二転三転するジェットコースターの助走だった…。

第69回ベルリン国際映画祭にてスペシャルガラ出品された本作は、50代の知性あふれる女性がSNSの罠にはまっていく顛末を描く、観る者の深層心理が試されるサイコロジカル・サスペンス。


主演を務めたジュリエットは、『Vision』『真実』『冬時間のパリ』と近年日本公開作が続くフランスの女優。クレールの秘密を突き止める精神分析医役をニコール・ガルシアが演じ、フランスきっての実力派女優の演技合戦も本作の見どころ。

さらに、いまフランス映画界で最も旬な俳優フランソワ・シビルとスーパーモデルのマリー=アンジュ・カスタも本作に参加している。


本作は、SNSの罠にハマった女の物語ではなく、“誰にでも起こりうる物語”。先の見えない展開に、次第にあぶり出される深層心理。クレールがなぜ成りすましたのか、観客はその真実に驚愕する。

『私の知らないわたしの素顔』は2020年1月17日(金)よりBunkamuraル・シネマほか全国にて順次公開。

(cinemacafe.net)

    あなたにおすすめ

    ニュース設定