ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 筧美和子“100人斬りの女”に 即興恋愛ドラマ「抱かれたい12人の女たち」新ゲスト発表

筧美和子“100人斬りの女”に 即興恋愛ドラマ「抱かれたい12人の女たち」新ゲスト発表

0

2019年10月16日 12:04  モデルプレス

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

モデルプレス

写真筧美和子(C)「抱かれたい12人の女たち」製作委員会
筧美和子(C)「抱かれたい12人の女たち」製作委員会
【モデルプレス=2019/10/16】モデルで女優の筧美和子と女優の中村ゆりかが、山本耕史主演のドラマ「抱かれたい12人の女たち」(テレビ大阪、毎週土曜深夜1時26分〜1時56分)にゲスト出演することが発表された。

【さらに写真を見る】筧美和子、豊満バストあらわな大胆ランジェリーショット披露

◆「抱かれたい12人の女たち」新ゲスト発表

同作は、山本演じるバーテンダーをゲスト女優たちが口説く即興恋愛ドラマ。第1話に登場した高橋メアリージュンは、セックスレスの女性を演じ、いきなり山本にキスをする一幕も。第2話に登場した元乃木坂46の若月佑美は、高校生役のオファーが来た売れないアラサ―女優をセーラー服姿で挑み、第3話のMEGUMIは性転換した元男を演じてド直球に「抱いて下さい」と口説きに掛かった。

今回、新たなゲストとして第4話に筧、第5話に中村が出演することが決定した。

◆筧美和子、第4話「100人斬りの女」出演

第4話「100人斬りの女」(10月26日放送)では、“男100人斬りを目指すOL”がマスターを記念すべき100人目に選び、迫ってくる。

筧は「普段の仕事の100倍緊張しました(笑)」と明かし、「最近いわゆる“あざとい”とか“ぶりっ子”と言われるような役をやらせて頂く機会が多いのですが、今回もあの手この手で男を落とす100人斬りの女で。テンションや体内のリズムみたいなのを上げて、攻めていこうと気合いを入れて臨んだのですが、山本さんの落ち着いたトーンで話をされるとどんどん心が落ち着いてきてしまって(笑)」と撮影を回顧。

「山本さんと向き合っていく中で当初イメージしていた方向とは違うストーリーに自然と変わっていったのも台本がないからこそで、即興劇の面白さを体感しました」といい、「100人斬りの女の誘惑と山本さんの化学反応を、何が起きるか楽しみながら見てもらいたいですね」とアピールした。

◆中村ゆりか、第5話「殺してきた女」出演

第5話「殺してきた女」(11月2日放送)では、返り血にまみれた女が「警察が来るまで、そばにいて欲しい」とマスターにお願いしてくる。

“血まみれ”姿を披露する中村は「このお仕事のオファーを頂いてからやる気満々で、収録がとても楽しみでした。殺人犯というキャラクターを決めたのは収録の1週間前で、インパクトのある女性にしたいと思ったからです」とコメント。

「私の回は、重たい感じから、どこかクスっと笑ってしまうようなコミカルな要素まで幅広くあります。殺人犯という女性が少しずつ修復可能な女性へと成長していく物語の一連を見ていただきたいと思います」とメッセージを送った。(modelpress編集部)

■筧美和子コメント

普段の仕事の100倍緊張しました(笑)。最近いわゆる“あざとい”とか“ぶりっ子”と言われるような役をやらせて頂く機会が多いのですが、今回もあの手この手で男を落とす100人斬りの女で。テンションや体内のリズムみたいなのを上げて、攻めていこうと気合いを入れて臨んだのですが、山本さんの落ち着いたトーンで話をされるとどんどん心が落ち着いてきてしまって。(笑)山本さんと向き合っていく中で当初イメージしていた方向とは違うストーリーに自然と変わっていったのも台本がないからこそで、即興劇の面白さを体感しました。100人斬りの女の誘惑と山本さんの化学反応を、何が起きるか楽しみながら見てもらいたいですね。

■中村ゆりかコメント

このお仕事のオファーを頂いてからやる気満々で、収録がとても楽しみでした。殺人犯というキャラクターを決めたのは収録の1週間前で、インパクトのある女性にしたいと思ったからです。台本があれば言葉に沿ってお芝居ができますが、ないってなると自分がどこまで踏み出して良いのかわからなくて。でも、山本さんがお相手だからそのキャッチボールも逆にとても楽しんでしまいました。(笑)私の回は、重たい感じから、どこかクスっと笑ってしまうようなコミカルな要素まで幅広くあります。殺人犯という女性が少しずつ修復可能な女性へと成長していく物語の一連を見ていただきたいと思います。

【Not Sponsored 記事】

    あなたにおすすめ

    ニュース設定